▶おしゃれなミネラルウォーターの記事はコチラ◀

【ニベア最強】背中ニキビをボディクリームで治したが…そもそもの原因とは

背中ニキビ

 

若い頃、思春期ニキビに悩まされ…もうすっかり顔ニキビができなくなって喜んでいる大人のみなさん。

あなたの背中はキレイですか?

ドキッとしたあなた、大丈夫です、私もです!

年齢と共に顔のニキビ、もとい吹き出物が落ち着いてきたと思いきや、今度は背中!数個ぽつぽつならまだかわいいけど、増殖に増殖を重ね、胸元まで赤いぽつぽつが目立つところまでいってしまうとさぁ大変。UネックもVネックも着られません…

 

かゆいし痛いし背中が地獄絵図になっていましたが、わたし、ニベアのボディクリームで治った。ニベアで毎日ケアして1か月で。ニベア神でした。

 

背中ニキビの改善について検索すると、高額アフィリエイトの商品がおすすめされちゃいます。わたしも買おうか迷いましたが、とりあえず原因をしっかり考えて、自分なりに取り組んだわけです。

なんでわたしはニベアで治ったか?今日はそのことについて解説。

 

背中ニキビとニベアのボディクリーム

特にニベアにこだわったわけではないんですけど、安く、安定した品質のものって言ったらニベアだからです。どこでも買えますし。

ニベアの青缶が美容女子の間で大人気ですが、あれは背中には塗りにくいのでおすすめしません。べたつきますし。青缶は手肌に使うのがベスト。

 

背中に塗るなら、ニベアボディミルク一択です。

ニベアボディミルクにはいくつか種類がありますが、背中ニキビ対策なら「高保湿」のプレミアムボディミルクがおすすめ。

コエンザイムQ10入りの「アドバンス」もありますね。

 

背中ニキビが気になりだしてからのわたしは、「清潔」を意識して背中をボディタワシでごしごし擦ったりしていましたが、見事に悪化したんです。見るも無残で、治る気配がなかったです。

 

そこで方向転換。お肌に刺激を与えず、とにかく保湿。

【わたしが行った2つのこと】

  • 半身浴でしっかり汗を流す
  • 朝晩2回、必ずニベアを塗る

 

これをきちんと続けたら、次第にニキビの増殖が止まり、ニキビが治りました。1か月ほどかかりましたが、これは肌のターンオーバーの日数とぴったり合いますよね。肌が一層されるには、正常な肌であれば約1か月です。

 

ニキビが落ち着いてからも、ちょいちょいニベアは塗り続けていますよ!

 

なぜ保湿か?それも、「高保湿」にこだわるのか?それは、わたしの背中ニキビの原因にありました。1つ1つ解説していきたいと思います。多くの背中ニキビにも当てはまるので、ご参考ください。

 

大人の背中ニキビの原因

大人の、と書いたのは、若い頃と原因もケアの仕方も違うからです。顔も体も。

 

どう違う?思春期ニキビと大人ニキビ

一般的には、次のような違いがあります。

【10代のニキビ】ホルモンの影響から、皮脂分泌が活発な年代。アクネ菌も大繁殖。菌を撃退することがニキビケアの鍵。
【大人のニキビ】インナードライ。お肌が砂漠状態のため、皮脂が過剰分泌され、毛穴が詰まる。皮脂の過剰分泌を止めることがニキビケアの鍵。

 

もちろん、大人でも菌が原因でニキビが治らない方もいるので、症状がひどい方は病院へ行きましょうね。

 

乾燥肌なのにテカるのは?

若い頃って、油とり紙が必需品でしたよね、懐かしい。今や顔の油をとったらかさかさになってしまう。

え?と思った方。今でも、夕方になると顔がてかってくるよ!と思ったあなた!

それ、乾燥が原因だと思います。

 

脂性肌だけがべたべたするのではなく、乾燥肌もべたべたするんです。インナードライで砂漠状態となった肌が「やばい!潤わさないと!」と必死に皮脂を分泌し始めるのです。

必死に皮脂……

 

だから、肌表面がてかてかしてくるんですよね。除去すると余計出てくるのでほどほどに。一説では、肌の油を自然の保湿剤として、肌全体に伸ばすと良いなんて聞いたことがあります。

肌は乾燥すればするほど、てかってくるようです!

年齢的に、皮脂の分泌が多いわけじゃない。大人女子の肌は、肌を保護しようとして皮脂が分泌されるんですね。

 

乾燥が背中ニキビの原因になる

これ、実は背中にも言えること。

背中とか顔って、皮脂を分泌する脂腺が多くあると言います。なので、乾燥するとダイレクトに反応するんですよね。その過剰に分泌された皮脂が、ニキビの原因となるというわけです。

 

あなたの背中ニキビの原因が乾燥であるならば、徹底的に保湿すれば治ります

 

注意してほしいのは、あなたのニキビの原因がどこにあるのかということ。乾燥じゃない場合も、もちろんあるからです。

  • 栄養失調(かつての恋人がコレだった)
  • カビなどの菌

 

また、ただただ不潔である可能性も。無きにしも非ずです。

 

やってはいけないニキビケア

かつて、思春期ニキビに悩まされたクチですが、30になって初めて背中・胸元ニキビが大量発生しました。

よかれと思って行ったことが、かえって肌を傷めることも。注意!!

 

洗い過ぎはNG!

そう、洗い過ぎると皮脂を落とし過ぎて逆効果でした。

洗浄力の強いボディソープなんかは絶対だめです!低刺激のソープや固形石鹸を使うべき。

 

 

わたしは、ニキビ発生以降は、こちらの石鹸に変えました。洗顔もボディもコレ。オリーブ油なので使い始めは顔に吹き出物が出ましたが、使っているうちに肌に馴染んできました。

 

ニキビに刺激はNG!

汚れを落とそうとしてボディブラシでがしがし洗うなんてだめ!やばいのです!私がやっちゃったんだけど。

たたでさえ荒れたお肌。ここにさらなる刺激を与えるなんて、お肌の拷問です!

刺激は何もボディブラシだけではありません。洗濯洗剤も原因と云う人もいるくらい。肌に触れるものもできれば自然由来の繊維がいいのかも。でもここまで神経質に対策するのは大変ですね。

 

つまり、ちょっとやそっとの刺激じゃびくともしない健康的な肌を作ったらいいんです。

 

そのためには、毎日のちょっとしたケアで肌を強くしていくことが大切。

 

背中ニキビ撃退法

大人の背中ニキビの原因がなんとなくつかめたところで、どう対策をしていったら良いか?です。

徹底的に保湿

背中の保湿、もう大前提でこれ。これが一番大切だと思います。始めに書いたように、私はこれで、1ヶ月後の肌が見違えるように変化しました。

ただ完治はしなかったし、手を抜くとまた出来始めたので、秋から春までの間は少なくとも続けてほしい。

 

重要なので、再び書きます。

1日2回(朝晩)、しっかりと背中に塗る。毎日塗る!

 

これが意外にめんどうで忘れがちになるんだけど、絶対手を抜いたらだめ。ちゃんと朝晩だけは塗るのです!

べたべたして気持ち悪くても我慢です!

 

睡眠をしっかり取る

これは当たり前なんですが、睡眠はお肌にとって大事ですよね。特にお肌のゴールデンタイムと呼ばれる22時〜2時の間は寝ていたいもの。

まぁ私はできなかったんですが、休息をしっかりとって、心身の健康状態もしっかりキープしておきたいですね。

睡眠不足になると、心身の疲れが十分に回復できないので、あちこちに影響が出てくるのは想像できますよね。自律神経の乱れを甘くみてはいけません。

 

睡眠リズムを整え、ストレスを和らげることがお肌にも大切です。

 

栄養を取る

ビタミン系は特に大事ですね。お肌のために、ビタミンCはもちろんですが、ビタミンB群も欠かせない。

野菜ばっか食べててもB群は摂取できてないことが多いので、豚肉なんかを食べてしっかり摂取。

 

以前付き合っていた男性は、背中がすごく汚かったんですけど、医者によると「栄養失調」なんだそうな…なんか色素沈着が激しかった。 きっとニキビ跡なんでしょう…

 

バランスよく栄養をとれれば一番良いのですが、なかなか難しいんですよね。サプリメント系に頼るのも手です。

 

わたしがいつもお世話になっているタマチャンショップでは、スムージーや雑穀米の他、溶かしてドリンクとして飲む「美粉」のラインナップがあります。

まずいですが、栄養バランス的に一番おすすめなのはこちらのスムージー。

 

本当にまずいので注意してください。わたしは慣れたので平気ですが…

 

洗わない

これ、勇気がいると思う。汚くなるんじゃないかって思いますよね。

しかし私は、背中を泡で洗うのは3日に1回にしました。洗う時は、必ず手で。ボディタオルやブラシは絶対使わないことにしました。

そのぶん、じっくりとお湯に浸かってたくさん汗をかきました

こうして、ごしごし洗いの代わりに、毛穴の詰まりをなくするよう工夫していました。

 

健やかな肌はトラブルに強い

皮脂と水分のバランスが取れた健康的な肌は、それだけでバリアができるといいます。

トラブルを起こしにくく、もちろんニキビもできにくい。

だから、単にニキビを治すっていう気持ちじゃなくて、トラブルを起こしにくい健康は肌を目指すことが大事です。

そのためには保湿をし、栄養を取り、肌を常にベストな状態に保つことが大事。

 

保湿しても治らない場合は注意

大人の背中ニキビの多くは乾燥が原因だと思いますが、やたら痒かったりあまりにもひどい場合は病院へ行くことをおすすめします。

何か菌が原因で背中ニキビが繁殖している場合は、お薬を使ったほうが早く治る可能性があります。しっかり根本を治してから日々の保湿で肌の健康を維持したほうが良い場合も。

 

若い頃、大量に増殖した顔の吹き出物のために、皮膚科へ行きました。大量の抗生物質を飲んだらニキビは治まりましたが下痢が治まらなくなったことが……!

 

お薬で治るのなら治すのも良い反面、お薬じゃなく日々のお手入れや生活習慣で治るのなら、そちらを優先していきたいなと思っています。

 

背中ニキビの恐怖

一番の恐怖って、色素沈着。しっかりケアしないと、跡が残ってしまう。若い頃は綺麗に治っても、アラサーともなると…

ほら、虫刺されの跡もなかなか治らないじゃないですか。顔のニキビも潰しちゃうと、色素沈着してシミに。やけどの跡も、治らない。

 

私も、顔にシミができています…1か所。ニキビ跡の色素沈着です。もう後悔です!

 

ニキビが治ったとしても色素沈着を起こしていると、背中がシミだらけで汚い。

だから、絶対潰さず、綺麗に治して、できれば美白し、ビタミンCもいっぱい取り、きれいな背中を取り戻しましょう!

まずは保湿、してみてください!1か月ほどで見違えるほど落ち着いてきますが、油断せずに保湿を続けてくださいね。油断するとすぐできてしまいます。

 

ニベア他、おすすめのボディクリーム

保湿クリームもいろいろありますよね。保湿力の高いものを選ぶと良いのですが、注意事項も。

合わない保湿クリームを肌へ塗ると、肌荒れが悪化してしまう恐れがあります。低刺激で安全なものを選ぶべき。

 

かわいいパッケージのアイテムって、なんだかわからないが買いたくなっちゃうけど、荒れている間は我慢です!

 

お肌が健康になれば、いろいろなボディクリームを楽しめる肌の強さも出てくると思いますが、ニキビ肌にアレコレ付けてしまうのは非情に危険。

 

安定の品質、ニベア

とにかく保湿!って時は、ニベアのボディミルク。ドラッグストアで買えるし、アマゾンだとさらに安いし、コスパ最高です。

一ヶ月くらい使えると思います。たっぷり惜しみなく使えるのが嬉しい。

柔らかいテクスチャなので、よく伸びます。香りはエレガントな感じですが、強すぎることもありません。

 

DELON(デロン)

オーガニックのボディバターが使いたいなぁと思って購入したのがこちら。

デロン ボディバター

本格的な乾燥の季節にはニベアの高保湿タイプですが、秋口や春先にはこちらを使ったことも。

天然シアバター、植物由来の保湿成分、というオーガニック感がお肌に嬉しいです。

デロン アサイークコ

テクスチャは柔らかいですが、伸びはあまり良くありません。なので、背中には塗りにくいかと思います。

香りが抜群に良いのです。

 

以前、ボディショップのココナッツのボディバターを使っていたとき、職場で「すごいお菓子の匂いがする…」と言われたので…。香りの強さは気になります…

 

香りは色々あり、香りによって保湿力も変わってきますので、好きな香りと保湿力を考えて選んでみてくださいね。

 

噂の美白保湿ジェル

背中ニキビのケア商品を探しているなら、たびたび目にするアイテム。よく宣伝されている、保湿ジェルです。

 

公式 ジュエルレイン

 

断っておきますが、わたしは使っていません。使おうとは思いましたが、ニベアで治ったので。

 

販売目的で斡旋しているサイトが多いので、かえって不信感もっていますけど、アットコスメのレビューでは、そこそこの評価です。

ジェルタイプなので、ニベアのべたべたな保湿が苦手という人に良いと思われます。

また、年齢とともにニキビ跡が色素沈着として残る可能性が高くなっていくものですが、こちらは美白効果もあるとのことで、「背中をキレイに治したい」という方におすすめかと。

 

さっきも書いたけど、元彼の背中は、ニキビあとでシミだらけでした。かわいそうだった。

と思って、自分の背中確認してみたら、治癒して3年経ったわたしの背中もニキビ跡が色素沈着で汚くなっていました。ニベアで治るが、沈着は防げなかった……

ウェディングドレス着る予定がないので別にいいんですけど……

 

ただ治すだけじゃなく、できるだけ跡が残らないようにキレイにしたい、という方が購入するといいかも。

 

宣伝になって申し訳ないですが、このリンクは限定になっていまして、初回980円です(4か月定期)。他のリンクは初回2490円ですね。通常購入では、1つ6225円で購入できます。

公式 ジュエルレイン

 

まとめ

ニベアのボディミルクで保湿すれば、背中ニキビは十分治りました。しかし、ニキビの量が量だっただけに、色素沈着により背中はキレイとはお世辞にも言えなくなりました。

 

唯一の後悔です。今からでもキレイになりますかね?

 

ニキビを作らない、健康的な肌を維持することが何よりも大事。

背中や胸元のニキビで悩んでいる方は、まずは保湿と栄養を取りながら、肌本来の力を取り戻すよう頑張ってみてくださいね。