▶おしゃれなミネラルウォーターの記事はコチラ◀

ミネラルウォーターの硬度について考察してみる

ふだん飲んでるミネラルウォーターだけど、硬度について考えたことある?

水道水は心配だから、安いミネラルウォーターを箱買いしたり、浄水器を取り付けたり、ウォーターサーバーを設置したり、と考える人は多いと思う。水道水の代わりとしてのミネラルウォーター。

一方、少なからず健康や美容のために水分補給をしたい、と考え始めた人は、この「硬度」について疑問が出てくる。

 

今日は、ミネラルウォーターの硬度について考えてみたよ!

 

スポンサーリンク

ミネラルウォーターの硬度とは?

 

水しぶき

 

水には「硬度」というものが存在し、ミネラルウォーターのボトルラベルには表記されています。気にしない人は見たことないかもしれない。でも、これは水選びの指標ともなるので、これからは見てみましょう。

 

ミネラルの含有量の違い

硬度とは、水の中に溶けているカルシウム塩やマグネシウム塩の量の違いを表すものです。

 

世界保健機関(WHO)の硬度基準

  • 軟水 0 – 60mg/L未満
  • 中程度の軟水 60 – 120mg/L未満
  • 硬水 120 – 180mg/L未満
  • 非常な硬水 180mg/L以上

 

呼び方の基準は国によって違い、日本で販売されている(輸入含む)ラベル表記は、WHOの基準とは違っています。

日本の表記

  • 軟水 0~100mg/L
  • 中硬水 100~300mg/L
  • 硬水 300mg/L以上

 

この記事では、日本基準を使ってお話していきます。店頭で選ぶ際も、そのほうがわかりやすいかと。

 

味わいの比較

軟水は、柔らかくクセがないのが特徴です。日本の水は軟水なので、日本人の口に馴染んだ味。クセがないから料理に使っても、コーヒーやお茶に使っても邪魔をしないですよね。

硬水は、一般的には重く苦みが感じられます。ヨーロッパでは硬水が主流ですが、日本人は飲み慣れていないため「まずい」と感じることが多いそう。

 

個人的にも、硬水の独特の風味が苦手で飲み続けるのは苦痛!

 

健康に良いのはどちらか

ミネラル分が多く含まれた硬水のほうが、ミネラル補給、という目的においては良いと思います。中でもマグネシウムは便秘改善に効果的なので、便秘解消に硬水を飲んでいる人も多いですね。

しかし、硬水は胃腸に負荷がかかるため、胃腸機能が弱っている人や乳幼児には不向き。わたしなんかは、あまりにも硬度が高い硬水を飲むと必ず下痢を引き起こします。

硬水が体に合わない人にとっては、かえって不健康になります。

 

そもそも、硬水でも軟水でも、「水を飲む」ということ自体に健康維持や美容のメリットがあります。

関連記事 お水を飲んで美容!効果を引き出すための『ひと工夫』

 

硬度比較

硬い石

 

わたしたちがふだん口にしているお水や市販のミネラルウォーターの硬度はどうなっているのか?調べてみました。

 

日本の水道水

日本の水道水の硬度は、地域によっても差があるものの、概ね50mg/L前後。軟水ですね。

 

日本産のミネラルウォーター

ドラッグストアやスーパーでの取り扱いが多いものをピックアップ。ほとんど全てと言って良いほど、軟水です。

いろはす

水源が6つある(2018年7月現在)ので、多少違いがあるものの、概ね30~40mg/Lの硬度。軟水。

 

コカ・コーラ「森の水」

採水地別の商品が販売されている(地域によって売っているものが異なる)。水源は6つだが、概ね25~38mg/Lの範囲。軟水。

 

サントリー「天然水」

こちらも採水地別のラベリングで販売されています。南アルプスと奥大山は20~30mg/L程度の硬度だが、阿蘇だけは80mg/L。日本の天然水としては高めの硬度だが、これも軟水。

 

海外産のミネラルウォーター

ドラッグストアやスーパーで見かけるものは限られてきますが、ネットで買えるものも含めて有名どころをピックアップ。ヨーロッパは硬水が多いですが、スーパーでは日本人向けの軟水をメジャーに扱っていますね。

 

エヴィアン(evian)

フレンチアルプスから採水され、カルシウムとマグネシウムのバランスが良く、日本でも人気のミネラルウォーター。硬度は304mg/Lで、硬水です。

 

ボルヴィック(volvic)

created by Rinker
ボルヴィック ペットボトル500ml(24本入)飲料キリンビバレッジ
フランスのオーヴェルニュ地方で採水したミネラルウォーター。硬度60mg/Lとなっており、ヨーロッパでは珍しい軟水です。日本人で流通量が多いのは、飲みやすい軟水だからでしょう。

 

ペリエ(perrier)

南フランス産の、炭酸入りミネラルウォーター。硬度は417mg/Lで、硬水です。

コントレックス(contrex)

ダイエット目的の人がよく飲んでいる、フランス産のお水。硬度は1468mg/Lと非常に高くなっています。※日本市場向けの生産を終了したとのことなので、今後は日本の店頭に並ばないかもしれません。

 

ソラン・デ・カブラス

スペイン産で、サッカーのレアルマドリード公式のミネラルウォーターとして有名となりました。ボトル自体がかわいすぎる、と人気。硬度は253mg/Lで、硬水よりの中硬水。

 

今、こちらを試し飲みしながら記事を書いていますが、初めは硬水独特の重い舌ざわりが気になったものの、温度がぬるくなってくると気にならなくなりました。コントレックスで下痢をするわたしですが、こちらは下痢になりませんでした。

 

フィジーウォーター(FIJI)

フィジーウォーター

公式 FIJI Water

 

南国フィジーのミネラルウォーター。硬度は106mg/Lとなっており、軟水に限りなく近い中硬水で飲みやすい。シリカの含有率が高いため、美に敏感な女性たちの間で人気。

 

わたしが大好きなお水です。WHO基準では軟水の扱いで、飲みやすさも成分もボトルも、全部気に入ってる。

 

水を選ぶ基準

選択

 

ふだん、目にする機会の多いミネラルウォーターの硬度を見てきましたが、実際、どのお水がいいのでしょうか?参考にしてください。

硬水がおすすめの人

  • 効率よくミネラルを補給したい
  • 独特の味は我慢できる
  • 便秘で困っている

 

胃腸が弱い人は注意してね!お客さんにも出さないほうがいいですね!下痢になったら困る。

 

軟水がおすすめの人

  • おいしく毎日続けたい
  • ダイエットよりも、水本来の美容・健康法に興味がある
  • 胃腸が弱い

 

軟水は、ミネラルが少なめだけど、体内循環をよくしたりデトックス効果の面ではおすすめだよ!

 

まとめ

水によって硬度が違うので、わたしたちには合う水・合わない水があります。

何のためにお水を飲むのか?と目的を考えながらお水の硬度を見てみると、これまでと違った視点でお水選びができますよね。

自分のライフスタイルに合わせたミネラルウォーターを見つけてみてください。