おへそのごまの取り方!正しいケアですっきりキレイ

へそ ごま 取り方

今日はおへそのごまの取り方を紹介します!

みなさん、ちゃんとおそへのケアしていますか?私は一年前にへそのごまの取り方を知って、それ以来、月一回くらいケアしてます。
初めてへそのごまを自分で取った時、そりゃもうごっそりと溜まりに溜まった垢が出てきましたからね…あの感動が忘れられず、実のところ、またごっそり溜め込んでやろうかとも思った次第ですよ。

おへそのごまの取り方を切望してここに辿り着いた方のためにも、さっそく方法をお伝えしていきたいと思います!

スポンサーリンク

へそのごまを取る方法

おへそはデリケートな場所ですので、汚れを除去するにはおへそを痛めないよう、優しく行うことが大事です。

用意するもの

安価で手に入るアイテムで、簡単におへそのごまを取ることができます。もちろん、長年かけて溜まった頑固な汚れも!

必要なもの
・ベビーオイル
・綿棒
・あなたのおへそ

ベビーオイルはドラッグストアに売ってるものでOK

こんなのですね。

ジョンソン ベビーオイル

リッチにオリーブオイルなんか使ってもいいと思います。植物油だから肌に優しいですね。

ベビーオイルは、ミネラルオイルが主成分で、それは石油系のことなんですが、私もこれまでおおいに誤解してたみたいですけど、昔の精製が粗悪なミネラルオイルが肌トラブルを起こすようですが、現在の技術下でのミネラルオイルは安全とのこと

とは言いつつも、お顔にはミネラル系避けています。

綿棒

それこそ何でもOKです。

あなたのおへそ

慣れてきたら他人のおへそでもやってみましょう。

だんなのへそ、彼氏のおへそなんかオススメですが、ショックを受けるが可能性大なので、全てを受け入れる覚悟で挑んでください。

デイリーケア編

 ・綿棒にオイルを浸す
 ・その綿棒でおへその中をこする
 ・お湯でおへそを洗い流す

まず、綿棒にたっぷりオイルを染みこませる
手のひらにオイルをプッシュしてなじませると良いです。

へそのごま 綿棒

オイルがたっぷりついた綿棒で、おへその中をぐるぐると拭う

強くこすったりしないでくださいね。おなか痛くなっちゃいます。優しくやるぶんにはおなか痛くならないので安心してください。

こうやって綿棒で拭うと、綿棒が茶色くなります。

汚れが取れたー!と実感できます。実物をupしてもいいんですが、お食事しながらご覧になってる方もいるかもしれませんので控えますね!

拭ったあとはお湯で流しましょう。洗うのは単にオイルが洋服につくのを避けるためであり、オイル自体がへそに残っていても特に問題はないようです。

頑固なへそのごま編

へその掃除をしたことがなく、へその中のひだが複雑になっている方は、そのシワの間に固まったゴマがこびりついている可能性がありますね。私はこれでした。

へその穴が深く、一見何も見えないんですが、へその両脇の肉をつまんでぐっとへそ穴を広げると、あらまぁ白い塊が鎮座している。

正しいケアの方法を知らなかった時は、耳かき棒でがりがりやってみたこともありました。
腹痛くなるし、根こそぎ取れないし。
そんなこんなで長年の垢が蓄積しておりました。

はい、そんな私のようなにっくきヘソごまと戦う方法です。

 ・おへそにオイルを染み込ませる
 ・しばらく放置する
 ・綿棒でこする

へその中にたっぷりオイルを垂らす。

これ、難しいけど、へそに直接オイルをプッシュしたりしてどうにかおへその中をオイルまみれにしてください。

そのまましばらく置く

半日くらい放置してしまっても構わない

その後は、デイリーケアと同様に、オイルのついた綿棒で拭ってください。

へそのごまの質にもよるので、ご自分のごまとご相談の上、適宜時間調整すること。私は待てずに10分くらい置いて挑戦しましたが、ダメだったので、オイルをたっぷり浸みこませたままへそにガーゼ貼って翌日再挑戦しました。

けっこうしぶとくてね、手に力入っちゃったんだけど、取れる時は根こそぎするっと取れました!!

あれはホント気持ちよかったなー。こんなでかいのが私のへその中にいたのかと。

そいつが消え去った私のへそには、どこをどう見てもごまらしき物体はないのです。おへそが清潔になって、とっても嬉しい。

広告 もちもちすっぽんコラーゲンが発売5周年記念特別価格の1ヵ月分を100円でご提供

へそのごまって取っていいの?

はい、取って良いそうです!というか、取るべきとの見解も多かったです!

お医者さんの意見も多かった。ネット検索の結果ですが。

ほら、よく子供の頃、へそのごまを取ると腹が痛くなるって、親に脅されましたよね。
あれは一理あります。子どもって力の加減を知らないから、やたらへそをぐりぐりしちゃいそうです。
おへそって皮膚が薄くてとってもデリケートな場所。
だから間違った方法でごまを取ろうとすると、皮膚を傷つけてしまうんですね。

でも、へそのゴマは所詮体から出る垢
神秘的なものとは程遠い。
体に不要なものなので、というか汚れなんで、できれば除去したほうがいい。

へそって臭いですからね、オイル綿棒でケアすると、臭いがぷんぷんしますよホントに。

オイルの効果

さて、なぜオイルが良いのか?

ご存知ですか。
オイルって、汚れを浮き上がらせてくれるんです。

ほら、クレンジングオイルでメイク落とす人も多いでしょ。
なので、へそのごまとか、ごまにはなっていない皮膚の垢とか、オイルを使うことで皮膚表面から優しく剥がしてくれるみたいです。

私は保湿のためでなく、体を洗うためにオイルを使ったりします。お風呂に入った時に、全身ベビーオイルで軽くマッサージをし、そのまま湯船に使っちゃいます。

耳垢を落とすのにも良いみたいですよ。
耳の中にオイルが…と心配になりますが、体は不必要なものを外に出す働きがあるので、耳も大丈夫って聞いたことがあります。
私は未だ実践したことがありませんけれども…挑戦する際には自己責任でお願いします。

容量たっぷりのベビーオイルは、おへそケアだけでなく、ボディケアにも使ってみてくださいね。

わたしは現在、バージンオリーブオイルを使っています。小豆島オリーブ園の、スキンケア用のオリーブオイルです。

ジョンソンのベビーオイルはさらさらと流れやすいですが、こちらのオイルは比べると固めのテクスチャ。
ホットタオル+オリーブオイルでディープクレンジングをするために買ったものですが、同時におへそのケアにも。
気持ち的に、食用のオリーブオイルより安心感があって◎

おへそのケアまとめ

見た目的にも、衛生的にも、おへそのごまは取ったほうが◎
溜まって頑固な皮脂汚れとなってしまう前に、こまめなケアを心がけましょう。

使うもの
・オイル(安価なベビーオイルでもいいし、オリーブオイルでも)
・綿棒

これだけで、おへその臭いと汚れがきれにすっきりです! ぜひぜひ習慣にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)