断捨離!服を捨てるとこんな効果が

断捨離 効果

断捨離、という考え方が世間で流行り、ミニマリストというシンプルな生活スタイルにあこがれるアラサーアラフォーが増えている今日この頃ですね!

何を隠そう、わたしもその一人。

本屋さんに行けば、断捨離やミニマリスト、いかに物をもたずにシンプルに生きるかっていう指南書がたくさん見られます。ネット上にはたくさんのブログが。なんか、読んでるとすごく生き生きと豊かに感じられるんですよね。シンプルなのに豊かな感じ、矛盾してるようですけども。

以前におおがかりな断捨離を決行した私ですが、今回はお洋服を捨てる!!!と決め、今まで捨てられなかった衣類の処分に勇気を出してみました!!

そう、勇気がいる作業なんですよね……
傷みがあるけど愛着のあるお洋服、買ったはいいもののあまり着る機会がないお洋服……どういう基準で捨てたらいいの?!なんて思うわけです。

もうさ、洋服専用の部屋が一つあったら捨てずに解決できるのにね!!なんて思ったこともあったんだ。
でもね、お洋服が多いことで、損をしていることもあると気づきました。
みなさん、気づいてますか?

ということで、本日は衣類処分について!断捨離の考え方から書いてみたいと思います。

断捨離のやり方がわからないー!っていう方も、順番やコツがつかめないー!っていう方も、さくっと呼んで参考にしていただけたら…と思います◎

実に簡単なことです。
断捨離をするとどんな効果があるか……実体験からレポート!

スポンサーリンク

断捨離って?

とりあえず、wikiから引用してみます。こんな感じなの。

基本的にはヨーガの行法、「断行(だんぎょう)」、「捨行(しゃぎょう)」、「離行(りぎょう)」という考え方を応用して、人生や日常生活に不要なモノを断つ、また捨てることで、モノへの執着から解放され、身軽で快適な人生を手に入れようという考え方、生き方、処世術である。単なる「片づけ」や「整理整頓」とは一線を引くという。

引用元:wiki 断捨離

ただ物を捨てるってのが「断捨離」ってわけではないのです!
ここ、勘違いしている方多いんじゃないかな?
もうね、精神論なわけですよ。
それも、意識して行うことで、ものすっごい気分がよくなる(と思う)。
実際私が行ったかつての断捨離がものすごく効果的でした。

断捨離の効果的なタイミング

断捨離 やり方

今の自分じゃダメだ、変わらなきゃいけない、って強く思った時に「断捨離」だ、と考えたんです。
当時私は体調が悪く、鬱々とした日々を過ごしていたんですよね。
ちょうど30歳の手前でした。
過去に引きずられるあまり、前へ進めず、停滞してばかりの人生。それが延々と続いていくんだろうなんて錯覚してしまうほどでした。

自分が変わらなきゃ何も変わらない、なんて、よく聞く熱い言葉ですが、「そんなこと言ったってどうやって変われっていうんだよー」なんてやさぐれる日々。

そんな時、断捨離と出会った。
出会ったっていうか、知り合いが断捨離を絶賛していたんですがね。

そして私は思いました、「よし、捨てよう」
とにかく、捨てよう。多くの物を、多くのことを。

判断基準は「私の未来に必要か?」ということ

これは自論で申し訳ないのですが、私の基準はこうでした。
今後、私の人生に必要なのかって。
必要なものだけ残そうって。

こうやって物事を考えていくと、どうしても捨てられないものが出てくる。
私が一生涯付き合いたいものたち、そんなものが浮き彫りになってくる。
それらを大切に生きていこう、なんて思ったのです。

本当に、いろいろな物を捨てました。
家の中にある物だけじゃないのです。
習慣、思考、思い出、恋人(笑)もですよ!

そしたらね、本当にシンプルになった。

まず、悪しき習慣を捨てることで、その分時間が増えたんです。
ほんと、やらなくてイイコトを毎日バカみたいにやってたんですからね、それらを捨てたことで、時間的余裕がかなりできました。

それから、思考も。
思考を捨てるっていったら何も考えない人間になっちゃいますが(笑)、そういうことではなく、こだわりを捨てたということです。
当時私を支配していたのが、結婚して子どもを産まなきゃいけない、とかさ。
そのほか、仕事に関しても悩ましい課題がありました。
そういうの、結局、周りの意見とか世間の風潮とか、そういうものだっただけで、それに捕らわれた自分をクリアにすべく、本当に自分の望んだことだけやればいいって思うことにしました。
まだ20代前半なら、いろいろなことが若気の至りかもしんないけれども、もう30になって自分の生き方が変わらないなら、これが私なんだなぁと。もう変えようがないよな、なんて開き直った。
そうやって、周囲にのっかろうとする思考をやめたら、ものすごく気が楽になって生きやすくなったんですよね。

思い出も、捨てたほうが良いものは捨てる。
引き摺ったってしょうがないですもんね。
終わったことだ。
もう変えようがない。
過去を悩んだって、未来は生きられないもの。そういう心に重くのしかかるような過去は、綺麗さっぱり排除しました。

人間関係も、です。捨てても平気なものは捨ててしまう。捨てる、という言葉で表現すると非常な感じになってしまいますが、大切な関係性だけを残す、という心持で。

まぁ恋人のことはあえて触れず。

こんな感じで、いろいろなモノを捨て去ることで、本当に大切なモノを大切にできるんですよね

断捨離の対象は、物理的なモノだけではないんだと思います。

断捨離の効果

大切なモノを大切にできるっていうのが一番なんですが、私が実感したモノに別のこともありました。

あとね。
すごいの。捨てることで、新しいモノが入ってくる。それでまた不要な物を増やしたら意味ないんだけど、反面、新しい風が入り込んで、新しいことに挑戦できたりするのですよ。
また、頭の中もすっきりしちゃうので、新しい考え方が入ってきたりさ。

これ、実際に断捨離をした人じゃないと実感できないと思う。
私はただ、スマートでシンプルに生きるために行ったのだけども、副次的にこんな効果もあったんですよね。

新鮮なものは人生を豊かにするし、心躍るんだよね。
鬱の人にも試していただきたいです(ものを捨てるエネルギーが出てきたら、ね)。

断捨離の「離」の意味として、物への執着から離れるってことみたいなんですが、これは本当にそう。
物的なモノもそうだけど、頭の中のモノもそうなんですよね。
いろいろなこだわりをなくすと、とても生きやすくなる

なんだか生きにくいなぁと感じている人は、意識的にこだわりを捨て去ることをおすすめしたい。
これ、認知行動療法でもそうなんだけどね。
神経症とかうつ病の人にも効果的な方法。自分でもできる認知行動療法だよ!って人に勧めてます。

問題は、どう手放すか? どうしたら手放せるか?

一口に断捨離、と言っても、手放すものはたくさんあるかもしれない。
今回は、生活の中で幅をとるけどなかなか手放せないもの(と自分は思っている)、洋服等のファッション品について書いていきたいと思います。

断捨離を決行したあの日から、やはり1年半も経つとまた洋服が増えちゃうんですよねー。
そしてあの時捨てなかったモノも古くなっていて。

やっぱ洋服を捨てるのも勇気がいる
まだ着られるんじゃない?ってか、まだ着るかも? いつか着るかも?! って、誰しも思うよ。もったいない。

よく、整理整頓術みたいなので、○年着ずにクローゼットにしまいっぱなしならもう二度と着ない、みたいなこと言われますけど。
あれ、ウソだと思うんですよね。
私にいたっては全くあてはまらないの。

10年越しに活用してる服だってあるんだもん。
「捨てなくてよかった~」なんて思うこと多いですもん。

ただ、そんなこと言ったって、10年もとっとくと、そのぶんスペースを取ってしまう。

だから、これもやっぱり「私の未来に必要か?」って基準で考えることにしました。

失敗しないやり方とコツ

捨てるものを選ぶ

まず、絶対捨てるものは簡単。
どこにでも手に入りそうな、かつ、もう生地が傷んでしまったもの。毛玉取り器を使っても表面の毛羽立ちが目立っているもの。そう、私はこんなものでもまだクローゼットにしまってあった……
みなさんすぐ捨てちゃうのかな?

インナーとして使うキャミソールやタンクトップ、ロンTとかシンプルなカットソーの類ですね。あと靴下。
この辺は躊躇なく捨てられます。

ここで!ちょっとしたリサイクルなんですけど。
こういう薄手の生地って、ウエスにするといいんですよ!ウエスって、機械いじっている人は聴きなれた言葉かと思うのですが、汚れなんかをさっと拭く布のことをさします。
私、雑巾がわりにするんですよね。キッチン周りの掃除なんかは衣類を裁断したものを使ってる。

たくさん着た服は、役目を果たしたと思ってさくっと捨ててしまいましょう。

「もったいない…」はリサイクル

まだ全然使えるけど自分には不要なもの=リサイクル!!
買ったけど似合わなかった、買っただけで満足してしまった、お気に入りだけどなかなか着る機会がない……
そんなお洋服、意外に多いのではないでしょうか。私は多いんです……これがタンスの肥やしとなっている。
この先も使わなそうなら、思い切って処分したらいいんですけど、もったいないですよね。
しかも、高かったものだとなおさらです。
ハイブランドなんかはとてもとても燃えるゴミになんて出せないもんですよね。でも、ブランドの服バッグ等のファッション小物、使わずにクローゼットを無駄に圧迫してるっていう女性、結構いるんじゃないかな。

そんな時は売るに限ります。

近くにリサイクルショップやブランド買取店があれば査定してもらうのも良いですね。

遠い、車がないので運べない、などなど、持って行けない方におすすめなのは宅配や出張の買取り。

▼出張買取や宅配買取をしてくれるのがこちら▼
スピード買取.jp[ブランド買取]

他店より買取金額が1円でも安ければ全品返却 (自信がみなぎってる!)
最短30分で訪問 (早すぎて部屋片づけてる余裕ない!)
洋服以外のお宝も査定 (わくわく!)

自宅に眠っている着物切手古銭骨とう品などお宝っぽいものも無料査定してくれるそうです…! お宝鑑定!
(一人暮らしアラサーの住まいにはなかなかないと思いますけど)
そのほか、アクセサリー時計なども買い取りOKなので、これら捨てるのもったいない!という方は(だいたい捨てるのもったいないです)、とっておく、という選択肢以外に「売る」という選択肢も考えてみましょう。

電話やwebから無料査定のお問い合わせをしてみると良いかもですね◎

買取店にお願いするメリットは、「処分したい時にまとめて処分できること」です。

とっておくもの、は極力減らす

こんな感じで、捨てちゃうものとリサイクルするものを分けたら、残るのはとっておくもの、になるわけですね。

ここからが大事です。失敗しないコツです。

私ね、いつも「とっておくもの」がやたら多くなってしまうので……今回は思い切って捨てました!
まだ使えるし。とか、まだ仕事に着てけばいいし。なんて思ってとっといてしまってるんですけど。
この辺まとめて捨てちゃいました。
だってさ。だってさ。

服があればあるほど、時間の損をするんですもん。
似たような服はいくつもいらない。似たカラーのズボンは2足もいらない。ヘビロテの色ならまだしもね。

なんで時間の損をするかっていうと……服があればあるだけ、朝迷うから!!!!!どれ着ようかと!!!
確かに、コーデを楽しむには多くの服があったほうがいい。
でもね、バリエーションの広がらないタイプの洋服は、あまりいらないの……
さっきも書いたけれども、例えば、ブラウンのボトムスがあるとして、どちらも似たようなライン。微妙に色が違う。でもなんかこれ、二つあってもしょうがないじゃないかと。
同じようなカットソーだって、1枚でいいし。
あんまり持っていると、どっち着ようかって迷うじゃないか。それだけ時間が無駄にかかってしまう。

それと、お洋服がたくさんあると、自分がどんな服持っていたかも忘れちゃうんですよね。
だから、いざコーデを考える時に、意外に幅が広がらない。

もっと一つ一つのお洋服を大事にするために、不要なお洋服は捨てちゃったほうがいいんだと思いました。

捨てて、部屋も心もすっきり!

断捨離 すっきり

お洋服を大きなゴミ袋1つ分くらい、今回は捨てられました!ただ、まだ部屋を片付けたいので、さらに仕分けして捨てるかも。
長年お世話になった服たちを、裁断してウェスにしたり、ウェスにならない素材のものはそのままゴミ袋へ。
こうして捨ててみると、なんか、こんだけ使わないものがあったのだなぁなんて。意外にいらなかったんだよな、と。
なくても困らないのだ。そう思えました。

うーん、なんだかもうちょっと捨てたくなってきました。

ついつい衝動買いで買ってしまう私ですが、よく考えて買おうって、この時に思いました!
あるいは、捨ててから買う!!買い換える感じでね。
似たものは買わないようにする。似たものを買った場合は、前のものを捨てる。うん、そうします。

今度は洋服以外を捨てるぞー!って意気込んでいます。
物が減るって、なんだか気分がいいです。身軽になった感じ

何かテレビで見た気がするんですけど、部屋の中に物がありすぎると、その分情報量が多くなって(視覚的に取り入れる情報)、精神的に良くないそうなのだ。
確かに、私頭混乱してる…
部屋に時計がいくつかあって、どこを見たらいいのか迷うし。

あるいは、物がありすぎて、植物が背景化してしまってよく枯らしている(笑)って、笑いごとじゃない。

そんなこんなで、物を減らすと、生活しやすくなると思います。
ちゃんと、目が行き届くようになるっていうか。

大切なものを大切にするために、断捨離はおすすめですよ!
アラサーアラフォーのみなさま、アラサーアラフォーじゃなくても!ぜひ挑戦してみてくださいね。もったいない精神から解放されましょう◎

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)