ニットの毛玉を撲滅!お手入れどうする?

97d258467a67b97dd71b9adf0da10121_s

衣類のお手入れ方法の一つとして、以前、毛玉取りについて書いたんです。
こちらなんですけど。

毛玉取りしていますか?ニットだけじゃない、おしゃれの大敵
冬と言えばニット!ニットファッションを存分に楽しめる季節でもあります。ここぞとばかりにお気に入りのニットをガンガン着まわしている方も多いのでは?すると、誰も...

かれこれ2年前の記事になりますが…

上の記事では、「毛玉取り器」を使ってのお手入れでした。
毛玉取り器の素晴らしいところは、あらゆる布製品の、頑固な毛玉もばりばりっと刈り取ってくれるところなのです。

が。

ニット製品、毛糸編みが魅力の冬物セーターに関しては、毛玉取り器を使わないほうがいいな……と思った。
なぜかと言いますと、「傷みやすい」からです。
ぼこぼこと様々な編み目が魅力のニット製品だと、毛玉と一緒に編んである毛糸部分までがりっと刈り取ってしまう恐れが。これがすごい怖いし、やってしまいがち。実際に穴を空けてしまったことも何度か……!
そしてそして、化学繊維ではなく、ウールやカシミア、アンゴラなど、動物の毛を使った製品は、比較すると値段も高いので、もっと大切にお手入れしたい……
質の良いものを、大切に長く着たいな……と大人になったわたしは思うのです!

衣類の毛並みを整えながら、毛玉をできにくくし、さらにできてしまった毛玉を安全に、できる限り繊維を傷めずに取り除く方法。
最近のわたしがやってるニットのお手入れ方法をご紹介します!
参考になれば幸い。

[adsense]

スポンサーリンク

まずはブラッシングで日々お手入れ

浅草アートブラシの登場!
浅草アートブラシ

こちらで、毛玉ができる前に繊維を整えることにしています。
馬毛で柔らかい。このブラシで、さっさっと衣類表面を撫でるようにブラッシング。
そうすると、毛玉手前の、繊維の絡まりが整えられ、毛玉ができにくくなる
使用してみて、実感としては、軽い毛玉ならこれで除去できる。
毛玉と言っても、毛(ウール等)100%のものであれば、ぽろっとキレイに取れる感じなんですよね。一方、化学繊維が混合されたニットの毛玉は難しい。動物毛100%なら、これでけっこうキレイになります。

洋服ブラシの役割って、繊維に入り込んだ埃や汚れなどをかきだすってことらしく、なかなか洗濯のできないスーツなどに使われるようです。艶が出るのだとか。わたしは普段スーツを着るお仕事でないので、残念、その使い方の効果はわかりません!
わたしに夫ができたら効果を実感したい……!

ブラッシングの仕方として、わたしは一方向にさっさっと払うようにして撫でているのですが、調べたところによると、上向きにさっと下向きにさっと、という感じで上下に動かすと繊維に入り込んだ埃や汚れが取れるって言う方もいらっしゃいました。花粉の除去にも良いみたいですね!
ただ、わたしなんかは、「目に見えないものは信じられない!」という人間なので、見えない埃は取れているのかどうか気にせず、とにかく「毛の流れを整える」という目的でブラッシングしてます。

セーターなどのニットトップスのみならず、コートも日々ブラッシング。
「綺麗になれ~^^」ってニヤニヤしながら大切にお手入れしていると、なんか優雅な気分になれます。衣類にも愛情が伝わってる!

わたしは浅草アートブラシを楽天で購入。

こうして日々お手入れしていても、あるいはうっかりお手入れ忘れすぎてできてしまった毛玉は……

続きまして、今回のメイン、「毛玉取り」です!

ブラシで毛玉を取り除く

こんな、天然毛のブラシを使っています。

毛玉取り

ブラシの毛は円形に配置されており、毛は硬い。ごわついてる。天然毛だそうですが、なんの毛だろう! 豚かなぁ。
そして裏面(画像右側)は、通常のブラシになっています。ほら、学生時代、よく制服に付いたほこりとか糸くずを、ブラシのようなもので取りませんでしたか? アレです。 スーツや、黒コートなど、白い埃が目立ちやすい衣類によくブラッシングしてる。便利です。

この毛玉取りブラシはですね、毛が硬いから、あんまり強くこすってはダメ。つい、力いっぱい撫でつけたくなるんですけども。我慢です!(といっても、わたしはある程度の力を入れております)

起毛しているようなニット製品をハンガーにかけ、あるいは床に置き(わたしは床置きがやりやすい)、毛玉部分をブラッシングする。上から下に向けて……というように、ブラッシングの方向を統一したほうがいいと思います。同一方向にね。
毛玉は、繊維が絡まりあってできるので、四方八方にブラッシングしてしまうと、逆に繊維が絡まってしまうんでは?と思うので。

ちなみに、参考画像を載せるため、しばらくブラッシングせずに毛玉を作ってやってみました。笑

毛玉取りブラシ

ビフォーアフター。
どうですか、けっこうキレイになりましたよね! 見えますかね……?
(もっとも、ハサミで切ってしまえばいいのかもしれませんが……!)
浮き出たふわふわの毛もごっそり取ってしまうので、やり過ぎは衣類の寿命を縮めかねませんが、これでまた、気持ちよく着て歩けますね!

毛玉取り器を使ってもいいのですけど、編み目の大きいニット製品に関しては、こちらのブラシが活躍しています!
ちなみに、あくまでわたしの実感としてなんですけど、セーター以外の衣類には適さないかなぁと思っています。
つるんとした生地についた、頑固な毛玉は取れませんでした。セーター以外の衣類には、毛玉取り器を使っています。

上は楽天ショップですが、わたしは▼フェリシモで購入しました◎ 洋服買うついでに。

アマゾンでは同じ商品を扱っていませんでしたが、浅草アートブラシの毛玉取りブラシを発見。ちょっとお値段高めの高級品。

ついでに、もう一着のビフォーアフターも見ますか。
毛玉取り
スライバーニットのコートなんですけど、スライバーニットって、とにかく毛玉になりやすい……毛がほわほわしすぎなんですよね。擦れやすい袖口や脇の下あたりの生地が、みるみる毛玉になります。悔しい。
こちらなんか、毛が浮いてるおかげで簡単に毛玉取れてしまった
こちらもすっかり綺麗にさせていただきました。

さて、わたしの毛玉取りブラシを、付属のクマの手みたいなブラシクリーナーで掃除すると、こんなことに……
毛玉取りブラシ

キャメルニットとグリーンニットの2着分、毛玉取りをした後のブラシは、けっこう大変なことに。ごっそりと綿みたいに毛が取れました。なんかもったいない……毛がもったいない。
そしてぽこぽこと毛玉も見えますね。すっきり!

このように毛玉取りをしたら、再び、一番最初に紹介した柔らかめの洋服ブラシで繊維を綺麗に整えて完成!
これで、ちょっと高かったウールもカシミアも、長く綺麗なまま着られそうです。

毛玉ができかけていたり毛羽立ちが出てきたニットって、「なんか着るの恥ずかしいな、でも捨てるのももったいないな……」と、捨てることもできずにクローゼットの奥に眠り込んだまま出番がこない……ってことがわたし結構あったのですが、洋服ブラシ&毛玉取りブラシを使用するようになってから、日々のお手入れも(めんどくさいながらも)楽しみとなりました。
なんていうの? 「わたし、洋服に気遣える女!」って、自己満足のレベルなんですけど。

うん、そんな健やかな精神で、みなさまもお手入れしてみてはいかがでしょうかね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)