熊野筆の洗顔ブラシで小鼻も毛穴レスに?体験レポ

人物

本日も熊野筆の洗顔ブラシでお顔のお手入れをしてすっきり爽快な私ことmikoです!こんばんは!もはや眠い!
もはや眠いんだけどね、今日はなかなかに良い洗顔ブラシをお伝えしたいと思います。

熊野筆…美容に関心のあるアラサー女子のみなさま、どこかで耳にしたことがあるのでは?

え?もう使ってる?仲間ですね!

私は以前から気になっていたこの熊野筆、10月頃に購入して使ってみています!今日はその体験レポート。

さすがに顔写真はupしたくないので、主に文章になりますが。

よろしければお付き合いくださいませ。

スポンサーリンク

熊野筆って?

伝統的な筆なんですが、なにやら江戸時代から続いているらしいんです。この「熊野」というのは広島県の熊野町という地域のこと。

筆というと、真っ先に思い浮かべるのが書道用の筆ですよね。

昔から続く筆作りが、伝統工芸士さんたちの手によって行われるのがこの「熊野」。この地に大集結!なんですね。

海外からも高い評価をもらってるみたいです。これは日本国民としても嬉しいことですよね!日本の伝統工芸が世界にも認められてるってことが。

熊野筆には、もちろん、書道用のものがありますが、化粧筆としても国内で人気が高い、特に美容に敏感な女性には愛用されていますね。化粧筆って、チーク、フェイス、リップ、アイシャドウなんかで使う人も多いと思います。それから、今日紹介する洗顔ブラシ。

そもそも洗顔ブラシって?

多くの人は手で洗顔していると思いますが。

手の平でごしごしするのはよくないっていいますが、もこもこに泡立てた洗顔料で優しく洗っても、毛穴の汚れが取れているか心配ですよね。

洗顔料にもよりますが、泡がキメ細かくないと、毛穴の奥まで洗浄できないと思います。なので私、きめ細かい泡を求めて洗顔料難民したこともありますが…

そんな時、洗顔ブラシなるものを知りました!

筆で顔を洗うんです。

なんだかよーわからんけど、小鼻の黒ずみにイイ!とかいう煽りなのか真実なのかわからない口コミいっぱい見て。いや、今から私もそんなレビューするんですけどね。

とにもかくにも、私には気になる存在!

だってね、中学時代から毛穴と格闘し続けてきたんだもの。あまりにも激しい戦闘の末、毛穴開いちゃってんだもんな。洗顔の仕方を変えてからは黒ずんだ角栓できなくなったけど、角栓は健在だし。

何よりも小鼻の黒ずみよ!これ敵だわ。すごい敵。

毛穴の黒ずみってさ、角栓だけが全てじゃないんですよね。開いた毛穴が紫外線とメラニンのせいで、色づいちゃってんのよね。そう、色気づいてんのよ、毛穴のくせにね。

10代~20代にかけて、紫外線対策を怠ってきた罰なんだけどさ、今更ながらどうにかしたいじゃないか。

そんなわけで、手始めにドラッグストアで小鼻用の洗顔筆を買ってきました。スティックタイプの。筆部分は1センチあるかないかくらい。

これがもーどうしようもなく使いづらい。筆、ちっさいんだもの。持ち手も細くて、泡泡になった手ではすべりっぱなし。ろくにくるくるできないわ。

数回使って捨てました

洗顔筆あかん、と思っちゃった。意味ねー、と。

洗顔筆(ブラシ)って、今調べてて知ったんだけど、泡立てるのに役立つらしい。熊野筆で泡立ててる写真みたけど、「えーーーこんなに泡立つの!」ってびっくり。私泡立てるために使ってたわけじゃないからさ、いやぁしらんかった。

そして、ふわっふわもこっもこに泡立てた洗顔料を筆でくるくる。顔をくるくる。人によっては「さっとなでるだけ」っていう人もいる。

こうすると、毛穴に入り込んだ洗顔料も綺麗に落としてくれるし、肌のざらつきも解消してくれるっていう噂

それが洗顔ブラシなのです。

ピンクハートの熊野筆洗顔ブラシを使ってみた

使ってみた、っていうか、3か月ほど使ってるんですけど。

私の持っているのがコレです。晃祐堂の。

洗顔ブラシ

すみません、毛がばっさばさしてますね。さっき使ったので濡れてるんですよ。ご容赦くださいませ。

これ、ハート型で見た目もかわいいですよね?

実は、かわいいだけじゃなくて使えるんです、この形。鼻にね、フィットする形! 私みたいな低い鼻でも問題ない(実際鼻の形状は全く関係ないです)。

さっきまで私はこれで泡立てができることを知らずに使っていましたが。

私の使い方としては、

・泡立てネットを使って洗顔料を泡立てる。
・もこもこになった泡を濡らしたブラシにいっぱい付ける。
・顔をくるくる。
・小鼻をくるくる
・流す

以上!

使い心地としてはね、あれです、子どもの頃床屋さんでシェービングしてもらったことってないですかね?あの気持ちよさに似ている。

とにかく、毛が柔らかくて(この洗顔ブラシは山羊毛らしい)肌に優しい感じがします。

でもね、洗っていると顔がぴりぴりしてくる。私はこれで荒れたことがないですが、肌が弱い人は注意が必要だと思います。軽く、ピーリングしているような感じ

いくらお肌に優しい毛だと言っても、このピリピリ感は毎日やっていいものじゃない気がしたので、3~5日に1度の使用にしています。

洗いあがりはすごく満足ですね。本当に肌がつるつるになる。一番嬉しいのはやっぱり小鼻です!毛穴です!

私、今、角栓ゼロと言ってもいいくらいですもん。 鼻もつるつる

いや、間違った。でこぼこだ。開いた毛穴はでこぼこしてるよ。。。毛穴開いてんのは熊野筆のせいじゃないですよ、もとからです、若い頃の間違ったケアのせいでね…

ただね、気のせいかもしんないんだけど、肌が明るくなった感じがするし、何よりも鼻の毛穴が目立ちにくくなった!のですよ。

私、元からこってりファンデ塗るのが好きじゃなくて、ベースメイクはいつも薄い。UVカットのクリーム塗って、フェイスパウダーつけるくらい。めんどくさいときはUVクリームだけですし。

で、この熊野筆使うようになってから、UVクリームだけで全然いける、仕事にもいける。と自分的には思っています。
人から見たら「毛穴見えてるよ」と思われているかもしれませんがね…

角栓がなくなったぶん、クリームのみでつるんと仕上げられちゃってます(気がするだけ?)。

心なしか、色素沈着のこの毛穴も、薄くなってきた気がするんですよ。やっぱり気のせい?

でもこの筆で、肌のターンオーバーをスムーズにして、余計な皮はどんどん排出していきたいと思います。そうすりゃ少しは毛穴に染みついた茶色いそばかすみたいなやつ、消えてくれるんではないか?と期待。

明らかに角栓には良いので、顔のざらつきに悩んでいる方は買ってみるといいと思います。Mサイズは3000円くらいで買えます。

頑固な黒ずみ角栓にも効くんじゃないかな?

定期的に使って角栓予防していきたいと思います。ついでに毛穴も閉じてくれー!

お花型もありました!これもかわいい!

※2017.10 追記

こちらの洗顔筆を使い続けていますが、なんと約3年!忙しくて洗顔が面倒くさくなり、こちらの筆から離れた期間もありましたが、なかなかもってる。

この3年間、様々な洗顔料を使いましたが(主に石鹸でした)、ものによって泡立ち具合が違いました。そしてここ1年、すっかりお世話になっているマルセイユ石鹸は熊野筆と相性がいいのか、濡らして筆で撫でるとすごく泡立ち、もこもこ。洗顔も楽しい! そして、毛穴の状態も良好です。

上に書いた「ピリピリ感」というのもいつの間にかなくなっており(洗顔料によるのかな…?)、この記事を書いた時には数日に1回の使用でしたが、毎日こちらの熊野筆で洗顔してトラブルなし。ちょっと怠ると小鼻のざらつきが出てしまいますが、洗顔筆でくるくる丁寧に洗顔するとすぐにつるつるになって嬉しいです。

できればちゃんと毎日丁寧に洗顔したいですが、疲れていると洗顔も怠ってしまうわたしです。それでも、この筆に助けられ、気持ちよい小鼻を維持できております。

こちらのマルセイユ石鹸。

通常の石鹸よりお値段高めですが、憧れて購入してみましたが、大正解◎

大きくて、洗顔のほかに洗体にも使っています。たっぷり使えるのが嬉しい。オリーブオイルで作られているので、脂性肌の人は注意したほうがいいかもです。

脂性肌ではないですが、わたしは使い始めの1週間ほど、お顔に吹き出物が多くできました……が、2週間ほどで肌が石鹸に慣れたのか、健やかになりました◎

熊野筆の洗顔ブラシとマルセイユ石鹸と、メイク落とし不要のミネラルファンデと!

ズボラなわたしでも肌トラブルなしで過ごせています。そんなズボラ女の愛用ファンデも記事にしましたのでよかったらご覧ください。

メイク落としが面倒!ズボラ女子おすすめのミネラルファンデ【エトヴォス】
ファンデーションを落とさずに疲れ切って寝てしまうズボラ女子のみなさんこんにちは! いやいや、ズボラっていうか、遅くまで働いて~自炊して...

ちなみに!

ついに洗顔ブラシの毛先が黄色くなりました……!3年も使ったので、そろそろ買い替え時かなぁ……毛も抜けてきました……そしてなんか臭いです。
熊野筆 洗顔ブラシ 3年

長年お世話になりました。2代目熊野筆に買い替えよう……

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)