毛玉取りしていますか?ニットだけじゃない、おしゃれの大敵

生活

冬と言えばニット!ニットファッションを存分に楽しめる季節でもあります。ここぞとばかりにお気に入りのニットをガンガン着まわしている方も多いのでは?

すると、誰もがぶち当たる現象が発生。もう100%って言ってもいい。

毛玉(ピリング)ができる。

今日は、素敵なお洋服を台無しにしてくれやがる、にっくき毛玉の生態と撃退方法について書いていきたいと思います!

ほっといちゃダメよ!毛玉ついたお洋服なんて貧乏にしか見えない!清潔感がないので!しっかりお手入れしてくださいね!

毛玉等のお手入れに関する記事を追加いたしました。こちらもどうぞ。

ニットの毛玉を撲滅!お手入れどうする?
ニットの毛玉を撲滅!お手入れどうする?
衣類のお手入れ方法の一つとして、以前、毛玉取りについて書いたんです。 こちらなんですけど。 かれこれ2年前の記事にな...

靴下だって毛玉を取れば長持ちキレイですよ!

靴下を長持ちさせる方法。綺麗でエコなアラサーを目指せ!
靴下を長持ちさせる方法。綺麗でエコなアラサーを目指せ!
毎日のように履くものって、パンツと靴下ですよね。一部の嗜好の人以外、みなさん履いていると思います! パンツの場合は見えないから……...
スポンサーリンク

毛玉ってどうしてできるの?

ニットに限らず、毛玉ってできますよね。衣類が繊維でできている限り、毛玉はつきものです。

毛玉のできる仕組みですが、まず、着用して生活していると、必ず擦り合ってしまいますよね。腕の付け根なんか特に。また、椅子によく座る人は、お尻部分をよく擦りますね。あと私が気になる部位としては、人の目に触れることはないですけど、ズボンの内側です。ポケットの裏地部分がよく毛玉になっています。それを見ると、なんだか悲しくなるのです、私。ああ、この服こんなに着たんだな、古びてんだな、とね。

はい、そしてね、その摩擦によって、繊維の毛足が毛羽立ちます。浮き上がってくるってことですね。そのまま摩擦を続けると、毛足同士が絡まり合って、毛玉となるんだそうです。

完全に、摩擦が原因。

けれども、生活するうえで予防のしようがないのも事実。驚くことに、洗濯でも摩擦が起き、毛玉を作る原因となるようです。

お洗濯時にできる限り予防するためには、ちゃんとネットに入れたり、衣類を裏返すのもいいかも。裏側に毛玉ができると思いますが。

毛玉のお手入れ方法

気を遣ってもできてしまう毛玉。もはや生きている限り逃れられません!観念しましょう。

ちゃんとお手入れすれば大丈夫です。お気に入りのニットもカーディガンも、末永くお使いいただけます。もう毛玉なんて怖くない!

毛玉取り器が効果的

上で毛玉のできる仕組みについて書きましたが、毛羽立った繊維が絡まって毛玉となるので、処理する際に再び毛羽立たせてはいけません。ほら、ニットセーターにできた大きな毛玉をひっぱって取る方いるでしょ。あれダメです、ノーです!今すぐやめてください!

イメージできると思いますが、ひっぱって毛玉を取ると、また繊維が伸びて表面にふわふわと出没しますよね。再び簡単に毛玉の巣窟になりますのでご注意!

正しい方法と言うのは、根本からカットすることです。大きな毛玉なんかは、ハサミで切り取ってしまえばいいです。

ポツポツとできてしまう小さな毛玉は、量も多いしサイズ的にハサミでカットするのが難しい。そんな時は、やっぱり毛玉取り機に頼りましょう

ガーっと毛玉取り器をかければ、小さな毛玉も比較的きれいに除去できます。

毛玉取り器、あるいは毛玉クリーナーという名称でいろいろ販売されています。

私、かなり使いまくっていて、衣類にはもちろんなんですが、最近は絨毯の毛玉も取ってみました!なんか毛玉で汚くなってた絨毯がよみがえりましたわ。絨毯の頑固な毛玉も取れるとは。良い仕事してくれます。

充電式と交流式(コンセントさしたまま使うタイプ)をこれまで使いましたが、断然交流式のほうが使いやすいです!

充電式はコードレスだから使いやすいかな…と思ってたんですけど、充電がなくなってくるとパワーが落ちるんですよね。使いたいときに使えないプチストレス。

食器用スポンジを使う

また、毛玉取りはご家庭にある食器洗浄用のスポンジを使う方法もある。

やり方は、通常のスポンジの硬い部分、ありますよね。あの硬い部分で衣類を擦る。これで毛玉が取れるという。
しかし、私が以前試した時は取れなくて…なので毛玉取り器を買ったのですが。でも、この方法でキレイに毛玉が取れるとおっしゃる方も多いので、効果あるのかな?家に新しいスポンジがありましたら、ぜひお試しください。

T字カミソリを使う

T字剃刀を使う方法もあるみたい。

T字カミソリで、衣類を撫でるだけ。自分の手足の毛を剃るみたいに。これ、結構良さそうですね。私は試していませんが…

ちゃんと毛玉を根本からカットできるんだと思います。

毛玉のできやすい素材

毛玉は素材にもよるようなので、衣類を買う前に是非素材を確認していただきたい
私なんかは、毛玉取り器という立派な武器がありますので、あまり気にしないで買ってますがね。

毛玉ができやすい素材としては、天然繊維+化学繊維の混紡品が有名。天然素材って、シルクやウール、綿などのことですね。化学繊維は、アクリルやポリエステルなどです。

天然の繊維は、毛玉になっても自然と取れてしまうらしい。けれども、化学繊維が混じると、毛足が絡み合った際にがっちり強固に絡んでしまって自然に取れないみたいです。

なので、化学合成の衣類は特に注意が必要です。着れば着るほど毛玉だらけになってしまうんですね。

毛玉のできにくい繊維というのはつまり、正確に言うと、毛足が絡み合っても自然にぽろっと取れてしまうものを言います。

上に書いたように、それが天然繊維のもの。動物繊維ですね。ウール、カシミア、アンゴラなど。これらの製品は割といいお値段で高級感がありますが、毛玉ができにくいという点でもメリットがあるのですね。

また、最近は「アンチピリング」という製法で、毛玉のできにくい衣類も販売していますよ。

毛玉を取って、清潔感アップ

毛玉って実は冬物ニットだけに限ったものではないんですよね。

少しでも起毛している素材ならできてしまいます。靴下なんかも。

デート中、大好きな恋人のお洋服、よく見たらわきの下あたりの生地が毛玉だらけ……とか、靴を脱いだら靴下が毛玉だらけ……とか、本当に悲しくなってしまいますよね。

毛玉があるだけで、清潔感がなくなってしまうと思います。

うまく毛玉を処理しながら、ファッションを楽しみましょう!
毛玉はおしゃれの大敵です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)