100均裾上げテープの使い方。縫うより簡単!

ズボンやスカートの丈が長くて困っている人、お直しに出さず、自分でどうにかできないかな?とお悩みの方も多いと思います。

カジュアルファッションなら、裾を折り曲げて履くのもありですが、オフィススタイルとなるとそうもいきませんよね。きれいめなファッションでは、きちんと裾上げをして、ジャストサイズ〜アンクル丈で履きたいところです。

女性に限らず男性も! 若い頃のなごりでゆる〜だら〜っと腰パン・そして裾を引きずるなんて、みっともないのでやめましょうね! 女子受け悪いですよ〜〜男性も女性も、社会人はきちんと丈で

そんなわけで、お金をかけず技術も必要なく多少の手間をかけての簡単な裾上げアイテムと出会ったので、裾上げどうすればいいの?とお悩みの方、ぜひ試してみてくださいね。

※あくまで素人の方法ですので、高価な素材には使用しないほうが良いと思います。自己責任でお願いします!

スポンサーリンク

一般的な、裾上げ方法

裾上げ、したことありますか?

私、めんどうくさくていつも実家に持ち帰って母親に頼んじゃってました。自分でできないこともないのですが、切ってアイロンかけてちくちく縫う……その行程を考えただけでめんどくさくなります。

①履いて丈を合わせる。まちばりや安全ピンで仮どめしておく。アイロンで折り目をしっかりつける。

②縫い代を残して裁断

③端をミシンで処理をしてほつれないようにする

④内側に織り込んで、目立たないようにまつり縫い

まぁこういう行程になりますよね。

ミシンを出すのがめんどー!ミシンの糸の調子を合わせるのがめんどー!!とにかくめんどー!!!

言ってしまえば、私はアイロンがけすら面倒ですので……

でもね、私みたいなめんどくさがり屋でも安く簡単に裾上げをしてしまう方法がありました!
あ、アイロンは使わなきゃいけませんが……

男性でも気軽にできる、針と糸を使わない裾上げ方法があります…!

裾上げテープが優秀

知ってますか?裾あげテープ。

100円ショップで見かけて「これだー!!」って思いました。たまたま手芸用品のコーナーを見ていたら出会ったのですが。

こんな便利アイテムがあるならもっと早くいってよー!という感じでしたよ。

裾上げテープ

こういう感じのです。カラーは他にもいくつかありました。ただ、テープは裏側に来るので、何色でも問題ないと思います。

こちらは、アイロンと水さえあれば簡単に裾上げができる

もちろん針や糸も使わないので、裁縫が苦手な男性でも全然おっけー!一人で裾あげできちゃいます。

私の購入したこの裾上げテープは、2足分できる長さが入ってる。

スーツに合わせるパンツを新しく買ったので、私もこの裾上げテープに挑戦してみました。

実践!テープで簡単裾上げ

ざっくり、以下の手順で行います。

・裾上げするボトムス丈の長さを測り、アイロンで折り目をつける
・裾上げテープを切り、水で濡らす
・テープと裾をアイロンの熱で接着させる

画像で詳しく紹介しますね。

ただし!!アイロンがけが大変な部分は、アイロンに集中するため写真はとれませんでした。
焦がしそうで怖かった。笑

まずね、この100均の裾上げテープの拡大写真を。

wpid-wp-1427811883541.jpeg

こんなふうに、薄手のテープに白い糸?みたいなのがくっついています。たぶん糊だと思います。

この白い部分が接着面なので、裏表間違わずに使いましょう。

では、下準備。

まず、裾上げする長さを測ります。

裾上げの仕方

ちゃんと試着したあとに、どれくらい上げるかマーキングしてくださいね。

そして、ズボンを裏返し、実際に織り込む。左右ばらばらにならないように、ちゃんと定規で長さを測っておきます。

私は7センチ上げるので、裁断はせずにこのままで。あまり長く上げる場合は切ったほうが良いと思います。足首がもたついちゃうので。

裾上げの位置を決めたら、しっかりとアイロンで折り目をつけます。

裾上げ アイロン

そしたら次に、裾上げテープを合わせて、だいたいの長さでテープをチョキン!と切ってしまします。

裾上げの仕方

だいたい2~3センチ長めに切ればOK。

長くなりすぎても大丈夫ですので、ギリギリにするのだけはおやめください!
まぁ、短く切っちゃった場合は継ぎ足しても問題ないかとは思います。

ここまでやったら、その裾上げテープをしっかりと水で濡らしてください。容器の中で浸すとやりやすいです。しっかりと水を染み込ませたら、ぎゅっと絞ります。

ここまでしたら、ついに!接着させますよ!油断しないでくださいね。

裾上げテープを、折り曲げた「裾」部分に合わせます。その上にテープを乗せる。
そしたらアイロンを3秒くらい押し当てて、接着します。

一気にやってはいけません。失敗しないように、ちょっとずつです。

裾上げテープ 接着

こんな感じです!

黒パンツがなんか白くなっているのは、たぶんこの接着剤のせいかと……

これ、びっくりしたのが、アイロンをスチームにしていないのに、ぶしゅううううううううううっとすごい音がなる。水分が蒸発してる音ですね。びっくりするので、接着の際は顔を離してくださいね。

このようにして、少しずつ、少しずつ……接着していきます。

一つ注意したいのが、「ヨレ」に気をつけること。

私はヨレてしまって、「あー!!」とすぐに剥がしたらなんとか剥がれました。

ストレートパンツならやりやすいと思いますが、私のようにテーパードパンツだと、裾が細くなっているので、折り返した部分と太さが違うためにじゃっかんヨレてしまうんですよね。

少しでもヨレないよう、慎重に行ってくださいね。ギャザーが寄ってしまうと悲しいので。

裾上げ 完成

全面接着したら、仕上げに一気にアイロンでプレスしました。これできっと剥がれないだろう!という祈りをこめて。

全体重を乗せます!アイロン台が壊れない程度にしてくださいね。

両足の裾上げが完了し、裏返してみます。

裾上げテープ 見た目

こんな感じです!

ちょっとヨレた部分もありますが、全体的に仕上がりは大満足でした!

まつり縫いをしない分、変な縫い目が出ないですしね。コレ本当におすすめ!

まだ洗濯をしていないのでわかりませんが、洗濯をするとどうなるか……はがれないといいのですが。→追記:何度か洗濯しても大丈夫でした〜

私が今回裾上げしたズボンはスーツ地の薄いものだったのでこんな仕上がりですが、厚めのパンツはどうなるかな?ちょっと心もとない気がします。

100均の裾上げテープは、薄手の生地用かなぁ。

でも!すごい便利なので、ぜひぜひ試してみてくださいな。

評価の高い商品を見つけましたので貼らせていただきました。cloverは手芸メーカーで、手芸をされる方にはお馴染みのロゴ。レビュー評価もなかなかのものです。私も次に裾上げするものがあればぜひ使ってみたい。安価なものとは品質が違う、というレビューもあって期待大です◎

裾上げテープの注意点

誰でも簡単に扱える裾上げテープですが、いくつか注意点を。

・洗濯を繰り返した場合の耐久性は不明
・熱に弱い、デリケートな素材には使わない
・厚手の素材は難しい

手軽に裾上げができる反面、接着力には不安があります。何度かのお洗濯では大丈夫だと思いますが、やはり糊ですので、はがれやすくなると思います。

子どもの頃、体操服の名札やワッペンなどアイロンで接着する衣類を使っていた方も多いと思いますが、洗濯を繰り返すと剥がれてきましたよね。接着の原理はあれらと一緒のはずですので、糸で縫ったものに比べたら弱いと思います。

また、アイロンの熱を使いますので、熱に弱い素材には注意が必要です。ジャージ素材なんかは注意が必要かと思いますし、お高いお洋服も避けたほうが無難です。

厚手の素材で試してはいませんが、たぶん、難しいだろうと思います。例えばデニムなんかだと、アイロンで折り目つけることも難しいですよね。そうすると、接着しても戻ろうとする力が働くので、糊の接着力だととても剥がれやすいんじゃないかなぁと推察します。がっちり接着する、というわけにはいかない。

そこで、裾上げテープより期待できるのがボンドかな、と思います。裾上げにボンドを使った経験は未だありませんが、アイテム発見しました。

ジーンズなどの厚手も強力接着してくれるそうです。布製品全般に使えるので、手芸にも使えますね。

昔、手芸をしていた頃は縫い目を出したくなくてボンド接着なんかもしていたのですが、やはりボンドはがっちり付く印象。そのぶん、接着部分はボンドの硬さが出てしまいましたけれども。

こちら、試すことがあればまたレビューしたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)