泡風呂の作り方+温浴効果のソルトを混ぜ混ぜ!

風呂

もらいものの入浴剤がたくさんあり、整理していたら出てきました泡風呂の元!!
今日はひっさしぶりの泡風呂作っちゃいました。
うん、でも、泡風呂の元、もといバスシャワーを使わなくても簡単に作れちゃうんですよね。

スポンサーリンク

泡風呂の作り方

バブルバスを使用

これが王道なんですが。

バブルバスとか、バスボムとか、バスシャワーとか、いろいろ名称があります。
泡風呂用の入浴剤が売ってますので、それをちょうど蛇口の下に入れてお湯をじゃばーっと入れます。蛇口からの水流が、泡立ててくれるのです。
間違っても、バスタブにお湯を張った後に入れないでくださいね。

何も起きません…!
パルプンテ並みにしかし何も起こらなかった…!って可能性大。

シャンプーで代用

なんとただのシャンプーでもバブルバスが作れちゃうそうです。

作り方は同じで、シャンプーを2,3回ほどプッシュしたあと、じゃーっと水道ひねる。
これで泡泡のお風呂の完成。

ただし、あくまでシャンプーなので、肌が弱い人はやめたほうがいい気がします…
あくまで、子どもの遊びですね。

泡風呂作り…実演!

使ったのはこちらのシャワーアロマソープって書いてる。チューブ状の容器。

DSC_0557

これを丸ごと全部中身を出しちゃいます!!

DSC_0560

一思いに 出しちゃいます!すでにお湯が出ているので、ここは躊躇わず一気にいくのだ!!

そしてもくもくもく…泡立つ浴室をガン見して待つ。

DSC_0561

いい感じに泡立ってきましたよ。まだかなまだかな~♪ふんふん♪

と、そこで思いつく。

お気に入りのクナイプバスソルトも入れてしまおう!!!

クナイプってドイツのバスソルトなんですが、いろんなハーブのソルトがあってとっても良いです♪
それぞれ効果が明記してあり、私は体を温めるものとか疲れを取る効果の高いものなんかを好んで買っていました。

現在うちにあるのはこれ一品のみ。

DSC_0562

オレンジ・リンデンバウムです。香りもすごくいいんですよね。
そしてお湯が冷めにくい!!これはすごいって思った。

私のとこは追い炊きできないので、一発勝負の入浴なのだ!お湯が冷めたらおしまいです。
クナイプは、一時期店頭から消えたことがあって…なんだかドイツの岩塩が取れないとかどうたらこうたらと、お店に紙はってありましたよ…

今はドラッグストアなどにもちゃんと並んでますね!
けっこういいお値段なので、買いそろえたくともなかなか…ぐぬぬ。

そういや、メリッサもよかった。というか、メリッサがなくなってこのオレンジリンデンバウムを買ったのだった。

さてさて。クナイプの素晴らしさはこの辺にしといて、
いや…

このクナイプも投入してしまおう!
ざっとオレンジ色の岩塩を浴槽にぶちまけました。

で、肝心の泡風呂はどうなったか!
ほぼ完成品がこちら。

DSC_0563

どーん!!!

あんまり迫力ねぇや。
あんまりっていうか全然ねぇや。もうすでに泡がへたってきている……

すみません。

たいして泡立たなかったよ!!!

あーん!

と嘆いている間にうちの一回きりの入浴タイムが台無しになってしまいかねないので、さっと脱いでさっと浴槽に入りました。

泡少ないけど、けっこーきもちイイ。体に触れる泡がね、しゅわしゅわってすんのよ。
なんか肌にいい気がするわ。気のせいだろうけど。

風呂入りながら、濡れてもイイ雑誌読んだりコーヒー飲んだりすんのすごく気持ちいいわ。
気持ち良すぎて体洗ったり髪洗ったりすんのマジめんどくさくなりますもん。
しかもうちトイレとのユニットだから、お湯抜いて浴槽内で体洗うしかないんですわ。

トイレバス別のとこに引っ越したいな~…

で。

DSC_0564

やってみたかった、泡から爪先だけ見える感じを……
ペディキュアもぬっとらんからサマにならないのです。

さて、みなさんのお目汚しもしたところで、ぐっすり寝てしまいますわ。
是非みなさんも泡風呂でリッチな気分を味わってみてください♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)