▶おしゃれなミネラルウォーターの記事はコチラ◀

インナーダウン知ってる?コート下に、寒い冬でも着ぶくれ知らず

インナーダウン

 

知ってましたか?この「インナーダウン」の存在…

 

おしゃれをしたいけど寒い!とか、着ぶくれたくないけど寒いの嫌!とかね、もうこれを使うべきなんだと思います。

 

極寒ではもちろん、秋や春先に薄手のコートを羽織る際、「ちょっと寒いな」という日のプラス1枚として大活躍。日中は暖かいけど、朝や夜はこのコートだけじゃ寒いなぁって時のプラス1枚

現在2着所持!ベストタイプと長袖タイプ、どちらも秋冬、そして春先に大活躍しています。

 

インナーダウンの魅力と、ネットで購入できるおすすめアイテムをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

インナーダウンとは?

コートのインナーとして着用できる、薄手の中綿入りジャケットです。袖なしのベスト・袖ありのものがありますね。丈の長いコートにINできる、太ももあたりまでカバーできるタイプもあります。

お気に入りのコートに1枚INするだけで、ダウンコート並みの暖かさ!

 

火付け役、ユニクロのウルトラライトダウン

インナーダウンの火付け役としてユニクロの存在があります。ウルトラライトダウンという名称で販売。その名の通り、とても軽い。薄手なので、コンパクトにまとめて鞄に入れて持ち歩けるのが嬉しいですね。

もともとはインナーに着るためのものではなかったかもしれませんが、薄い!軽い!ということでコートの内側にINする人が増えました

 

ベストタイプだとこんなの。これはユニクロで2015年に購入したものです(前年度売り切れで買いそびれたので、販売開始した夏の終わりに早くも購入しちゃいました!!)

インナーダウン ベスト

 

こうやってみるとださいですよね。

そう、これは一枚で着てはいけない!!このまま着るとカッコ悪いと思います!

 

長袖タイプは2016年購入のもの。同じくユニクロです。4990円でした。お色はシャイニーマッドな落ち着いたグレー。これならコートからチラ見えしてもファッションにもマッチする。

ウルトラライトダウン ユニクロ

 

長袖タイプは、アウターとして着ている人も多いと思いますが、コートのインナーとしても着ぶくれ感がないので、わたしはインナーダウンとして使っています◎

 

薄手で軽いインナーダウンは、気温によって脱ぎ着を気軽にできるのでありがたい存在です。肌寒い春先や、夜風が冷たくなる秋にも、薄手コートの下にプラスワン

 

コート下のインナーにするのが鉄則

当時、ファッションブロガーさんたちがこの薄手のダウン(中綿)をどう着こなしているかっていうと、それが「インナー」として、だったんですよね。コート下に。これ、当時はけっこう衝撃的でした。

 

このウルトラライトダウン、特にベストバージョンを持っている方ならわかると思うんですが、単体で着るとださいんですよね。薄手だから。とっても変なんですよ。申訳ないくらいに。

 

だからインナーにする。コート下にINする手法で、大活躍中のユニクロライトダウン!

 

ダウン(中綿含む)の威力

ダウンの暖かさって知ってますか?

すごい暖かい。私、若い頃はダウンジャケットやコートを敬遠していたんです。なぜかって、かっこ悪いから。私の中ではかっこ悪いことになっていた。

 

男性的な雰囲気のボリューミーなシルエットが筋肉質みたいでごつく感じたり、ビッグカラーとウエストマークのマットな質感はおばさんぽく感じたり…していました。今でも。

 

でもね、満を持して!ついにダウンコートを導入した当時20代の私がいたわけなんです。もうすんごいあったかい!

吹雪いても平気なんですよ。全く寒くないんです。私今までどれだけ損してたのかなぁと思うほど。冬って暖かく過ごせるもんなんだ!!って開眼しました。

それ以来、ダウンは積極的に取りいれてきたわけなんです。

 

真冬のコートに妥協したくないから

ただやっぱり、コートをスマートに着て出かけたいこともあるじゃないですか。かっちりコートはだいたい寒い。ダウンほどの暖かさなんてない。チェスターコートを着て颯爽と歩きたいんだけど、あれ寒い。基本前開きで着るしさ。

 

そんなとき、このインナーダウンの存在を知りました。

 

ベストタイプだと袖がないから、着ぶくれないんですよね。インナーダウンを着てコートを羽織れば、暖かい上にスマート。あとはインナーダウンが外に見えないように注意すればいいだけ。あと脱ぐときですね。コートと重ねて一気に脱げばよし。

これは寒い日のおしゃれには欠かせないアイテムに認定。

 

インナーダウンは、ノーカラー(襟なし)がおすすめ。立ち襟タイプ(ハイネック)はコートからのぞいてしまう。フード付きのダッフルコートの下に着るのならありだと思います。

 

おすすめインナーダウン(中綿含む)

もちろん、ユニクロのものもおすすめですが、最近は他店でもずいぶん豊富に取り扱われていました!そんな中から、ご紹介。

お手頃価格

どんなアウターにもINしやすいベストタイプ、ノーカラーのラウンドがこちら。

アマゾン・楽天で、この手のインナーダウンが3000円前後で販売されています。

サイズ展開もしており、ショップによってはカラー豊富なので、ネットショップで探してみるのもおすすめです。

 

例えば、こちらなどはカラーも豊富。

 

  • お値段3000円ちょっと
  • カラーは7色
  • ダウン90%、フェザー10%

 

ダウン90%、フェザー10%のリアルダウンでこの価格は嬉しい。収納袋付きでコンパクトに収納できる点やインナーダウンとして着やすい形状は、ユニクロと同点ですね!

 

マットな質感、フェイクダウン3タイプ

わたしが若い頃からお世話になり続けているイーザッカマニアストアーズさんから2018年verインナーダウン登場!

岩盤浴のような温かさという、サニーヒートシリーズ!

 

フェイクダウンだけど、蓄熱保温でぽかぽか◎

2018verは、シルエットがコンパクトに。

公式 イーザッカマニアストアーズ

 

見せても恥ずかしくない上品マットな質感と落ち着いたトーンにテンション上がりましたので、3タイプそれぞれ紹介します!

こちら、昨年度は早々に売り切れ続出だったので要注意。

 

 

長袖のジャケットタイプ】

 

浅めのVネック!ラウンドタイプだと首回りが気になるーって人におすすめ。

ドロップショルダーだけど、インナーダウンとしてももたつかない、そしてコレ、アウターとしても全然着られるかわいさ。

インナーダウンとしてアウターの下に着て出勤、ちょっと肌寒いから職場でそのまま羽織っておく、なんてこともできちゃいます◎

 

【長袖&ロング丈】

 

がっつりコート下に着て極寒を凌げそうです◎
肩幅がすっきりとしたスレンダーデザインで、コート下に着てももたつかないそうです!ごわつかずにスタイリッシュに着こなせるということで、チェスターコートの下にも合いそうです。

 

【袖なしロング丈】 

袖なしのロング丈なので、腕周りが心配な方でも、しっかり腰もお尻もあったかく着られます。秋や春の薄手トレンチコートなどに合わせれば、スタイリッシュかつ暖かく過ごせそうです◎

 

さて、このサニーヒートフェイクダウンシリーズに共通した特徴もご紹介です。

  • 遠赤外線で、じんわりあったか
  • 薄くて軽いフェイクダウン
  • 羽毛じゃないからアレルギーの方にも安心
  • 手洗いOK!

 

ほんと、マットな感じとこのキルティング加工と、主張しすぎない上品なカラートーンと。どれをとっても素敵だと、虜になってしまうのはわたしだけでしょうか……

サニーヒートシリーズはこちら▼
公式 イーザッカマニアストアーズ

 

インナーダウンの王様、ダントン

インナーダウンと言えば……

ダントン!!!

こちらはレイビームスで扱っているダントン。毎年取り扱っていますが、2018年もさっそく。上記はブラウンですが、オレンジやパープルなどの鮮やかなカラーもかわいい。

抜群に暖かそうで品がある。去年は、売り切れ続出でした…なんかもう、この品質なら、コートの下に隠さずにどこでもさっと羽織ってしまえますね。

 

ダントンは、もちろん袖なしのベストもあります。

ネックが、ラウンドではなくVネックなので、コートから見えにくく良いです。

 

インナーダウンで寒さ対策!まとめ

インナーダウンの魅力が伝わりましたでしょうか!

インナーダウンって、デザインによってはかっこ悪いけど室内で着るなら誰も見ないから、室内の防寒対策にもなりますよね。

 

そして、油断すると冷えてしまう4月まで着れる!!

 

わたしは、どっちかっていうとベストタイプのほうが好き。腕部分の着ぶくれがないけど正面と背中をしっかり暖めてくれるんです。もちろん、寒い日は長袖タイプのインナーダウン大活躍ですよ。雪国の方は特に。

では、まとめというか、インナーダウン選びのポイントを書いて締めくくります。

  • ベストタイプ(袖なし)

→春や秋に。室内での防寒に。コートをスマートに着たい方のインナーとして。

  • 袖ありタイプ

→極寒に。とにかく寒いのが嫌いな方に。

  • ロングタイプは、ロングコートのインナーに!
  • Vネックは、できるだけインナーダウンを見せたくない人に。