やずや十六雑穀米の食レポ!もちもちが病みつき

前回、やずやの七彩御膳を紹介してからだいぶ時間が経ってしまいました!
七彩御膳の記事はこちら

米を洗って炊飯器にセットして…という動作がすんごいめんどくさいですよね…私だけですか?

寒いし…
疲れているときにご飯炊くって、私にはなんだか重労働です。

しかし!
今朝ばたばたと出勤の準備しながら炊いてみましたー!

やずやの発芽十六雑穀は、実は初めてじゃなくて、以前買って食べていたんですよね。
おいしくて好きだったんですけど、あの頃も急にめんどくさくなって炊くのをやめたのでした。
そりゃもう、何ヶ月というスパンでお米を炊かなかった。

そうすると、雑穀買っても炊かないしなーなんて思って。

たまに雑穀米が食べたいなぁと思ったら、スーパーで混ぜて炊く五穀米とかを買っていたんですよね。

これがおいしくないの。
食感ざらざらぱさぱさするし。
あれに似てる。
あれ。
お赤飯!

お赤飯はもち米だから米自体はもちもちしておいしいんだけど、あの小豆がぱさぱさしてさ、食感が好きじゃないのです。

スーパーで買う五穀米もそんな感じで。
おいしいと思えるものにはついに出会えませんでしたね。
でも、健康のためを思えば味なんて気にしなくていいのかも。

私の場合、食にもとから興味がないのでおいしくてもまずくても食べられるんですけど。
でもやはり、まずいものにお金出すなんて…!と思っていました。

[adsense]

そして今回大量買いしたやずや商品
久々の雑穀米です!

また始めようと思ったのは、食費節約のために自分でご飯を炊こう!って思ったからです。
まぁ、やずやの商品使ったら、商品代かかるんだけどね。

でもこの商品の良い所って、おかずなしでもおいしく食べられるってこと
そこが私が一番気に入っていたところです。
おまけに栄養満点だから、文句なし!です。

それでは、実際の写真と一緒似ご紹介。

発芽十六雑穀

こんな感じで小袋に入ってます。
何やらいろいろな雑穀が入り交じってます!

これは、お米2号に対して1袋
でも、私はいつも3合炊いて冷凍保存しちゃうので、以前は3合に1袋入れて炊いてました。
そんなに大きく味は変わらないと思います。

研いだお米を炊飯器に入れ、分量の水を入れたあとにこの発芽十六雑穀を入れます。
雑穀を入れたあとに水を入れてしまうと、お水の調整が大変なので気をつけてください!お水入れすぎたから捨てようとすると、大事な雑穀も流れてしまいます…今回油断して、このミスをしちゃいました。

お水の量は、少し多めに入れたほうがいいらしいですが、私はあまり気にしていません
炊飯器の性能にもよると思いますので、何度か試して調整するのがいいと思います。

ちなみにうちの炊飯器、ちょっと良い物に買い替えてからは、水をやや入れすぎても堅めに炊きあがるのでよかったんだけど、なぜか雑穀を炊き始めたら、水は米に対してぴったりの量で炊いてるのに、炊きあがりが水っぽくなってしまいます…
まさか、数カ月使っていない間に故障した…?

さて、めでたく米と雑穀と水がセットされましたが、この雑穀の小さな粒が浮いています。
このままで大丈夫です!
頑張って混ぜたり底に沈ませたりしなくてokです。

いざ炊飯。
ボタンぽち。

待つこと40分。

できたー!

wpid-wp-1423284352848.jpeg

ふんふん。

カメラに湯気がかかってうまく撮れなかったんですが、薄紅色に色付いているのがわかりますか?
とても綺麗なピンク。

完全に穀米が偏っていますが、しっかり混ぜます。

wpid-wp-1423284357796.jpeg

まぜまぜ!
偏った雑穀を分散させてくださいね。

あとは食べるだけ。
食感は、全体的にもちもちしています。もち米ほどではありませんが。
パサパサ感は全くなく、雑穀の歯ごたえが新鮮ぷちぷちと小気味よく噛んで食べられます
歯ごたえが感じられるから、無意識によく噛むんですよね。
白米ってどうしても噛む回数が少なくなってしまいますが、雑穀をまぜる事によって、体が自然と咀嚼します。
噛むことは健康に良いというし、阿児も鍛えるから、惜しみなく噛んで味わいました。

味は、なんと表現したらいいんだろう。
ほのかな甘み?とでもいうのかな。
味らしい味は、もちろんないんですが、なんていうのかな、ふくよかなんですよね。
味はないのだけれど、ふりかけかけるともったいない感じ。
食レポなのに味 を表現できないなんて…泣
なんていうのかな、味というより食感を楽しめるんです。だから、ごはんのみでもおいしく食べられちゃうのです。

お茶漬けにもしてみました。
最近のお気に入りのとうがらし梅茶の粉末をかけ。お湯を注ぐ。
カプサイシンのとうがらし梅茶の記事はこちら

wpid-wp-1423284367780.jpeg

穀米自体の味に癖がないから、もちろん梅茶漬けにもよく合う。
お茶漬けってますます噛まずに流し込んじゃいただけますがちですが、
やはり固形物が入り混じってるため、ちゃんと噛んで食べるようになりました

あっさりしたお茶漬けに、歯ごたえのある穀米

毎日でも飽きずに食べられそうです。

この雑穀米、彩りもきれいだから、このままおにぎりにしても見栄えが良いんですよね。

子どものお弁当にも喜ばれるみたい。
老若男女問わず、日本の食文化であるお米を楽しめるんじゃないかな?と思いました。

ちなみに、カルシウム入りもあります

wpid-wp-1423284345963.jpeg
カルシウム入りは、一度炊いただけなのでたまたまかもしれないんですけど、なんだか黒っぽくなりました。黒豆をご飯に乗せたみたいな色。なんでだろう?
たまたまかもしれない。
味は、ふつうの十六雑穀米と同じでした。

最近、内側からの美容と健康を意識し出した私ですが、やずやの商品を大量買したので半年は食べ続けられそう!

若い頃のようなむちゃな食生活じゃだめだな、なんて思って意識的にカラダに良いと言われるものを取るよう心がけています

ちなみに、十六雑穀には、食物繊維、ビタミンB1、マグネシウム、鉄が含まれているそうですよ。これ食べたからって全てが補えるわけでは決してありませんが、白米だけでは補えない栄養素が入っていますよね。

料理が苦手でほとんどしないので、せめて主食からいろいろな栄養素をとれればな、なんて。
青汁とかスムージーとかも同時に取り入れてるんですが。

なんだかんだで、健康オタクになりそうな今日この頃。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)
スポンサーリンク