ワイングラスも100円でおしゃれに。うすぐらすのクオリティ

wpid-wp-1461457796665.jpeg

100円ショップにご執心のわたしですが、先日ハサミを買いにダイソーへ行きましたら……

ハサミを買おうとしたのに、グラスを買っちまいましたよー!
ぜんぜん違う。

ぜんぜん違うわけなんですけども、ただし、これは一目惚れだったのです。

ころんとした、丸いフォルム。
しかも、ただ丸いんじゃなくて下膨れみたいな……ああ、洋なし体型の。
そして、内側から波打つようなラインが入っており……

なにこれ、おしゃれなんですけど。
おしゃれなグラスなんですけど!!怒!

これまで100円ショップではマグカップばかりに目がいっており、うちには透明ガラスの飲み物入れがない。
飲み物入れがね。
そろそろ透明感が恋しくなる季節なので、わたしはこの愛らしいグラスに手を伸ばしました。

100円ショップのマグカップについての記事はこちらね。
100均マグカップでおしゃれを手軽に

触れてみたそのグラスは、わたしの皮膚に吸い付くように馴染む。
優しいフォルムは、いつまでも握っていたくなる。
ああ、でもなんかわたし、手が小さいから、なんか落っことしそう。つるんて。

そして、なんか薄い。薄いぞ。グラスってこんなに薄かったっけ。
なんて思ってちらりと表示を見ると……「うすぐらす」って書いてる。そのまんまや。
びっくらこきました。

今日は、この「うすぐらす」との鮮烈な出会いから一緒に過ごした日々まで、超短いスパンでの出来事を必要以上に引き伸ばして書いていきたいと思います。

[adsense]

スポンサーリンク

ポーランド製「うすぐらす」

100円ショップの薄いグラス……うすぐらす、という名称なんですけど、こちらポーランド製らしい
ポーランドといえば、グラスの名産地……らしい(ぐぐりました)。

ヨーロッパって単語を見ただけでなんかテンション上がるのはわたしだけでしょうか?
なんかそれだけでおしゃれ感ありますよね。悲しいことに。

なんかね、この薄さが、ワインの味と香りを精一杯堪能できるらしいのですよ。
口あたりが違うとかなんとか。

このダイソーのうすぐらす、巷ではリーデルのグラスそっくり!との噂が……

確かに、これとおんなじようなの、あったわ。あった。
わたしが購入したのはもっと下膨れで波打ったデザインなので、ちょっと比較画像にはできませんが。

ワイングラスの名だたるブランド、オーストリア製リーデルのグラスは1500円以上し、一方、うすぐらすは税込み108円……!
おそるべし。

そして、日本にも存在する薄いグラス
その名も「うすはりグラス」。

うわあ、なんかこっちのが1個あたり高い。さすが日本。
松徳硝子、大正11年創業と、こちらもなかなかの歴史ある老舗ブランドです。
うん、やっぱり「うすぐらす」とボディが似ているが、うすぐらすはやっぱり108円なのですね。
そして、「うすはりグラス」と「うすぐらす」って、名前が激似ですね。

そしてここに、ついにお披露目したいのが、わたしが購入したうすぐらす。

じゃん。

うすぐらす

寝かせて撮影しました。
手に持つとこんな感じです。

wpid-wp-1461457811705.jpeg

けっこう小さく見えますかね?
意外や意外、大容量ですよ!
下の膨らみにたんまりとたまります。大きめマグカップより中身入りました。

これ、ワインを少し入れて飲むのには良いけれども、
あまりに嬉しいからといってキレイ色のジュースをたんまりと注いじゃうと、重みと丸みでついつい取り落としそうになるので気をつけるように……!
特に手が小さい人。
わたし、本当に落としそうではらはらしながら飲んでる。

うすぐらすは用途いろいろ

さてこの「うすぐらす」ですが、ドリンクを飲むほかにも使えそうな感じがして……
とにかく形がかわいいのですもの。

このおしゃれ感、きっと何かに使える。

そう思い、
とりあえず何かを入れてみることにしました。

インテリアに

wpid-wp-1461457832886.jpeg

まず、近くにディスプレイしていたまつぼっくりツリーを入れてみました。
ちょっと見えにくいですね。
そしてグラスデザインの波々が邪魔か……

わたしの手作りまつぼっくりツリーが不格好なせいか、ちょっとしっくりこない。おしゃれ感が出ない。
しかもこのまつぼっくりツリーは、なんと中学生の時に作ったもので……年代ものなわけ。

グラス インテリア

次に見つけたのが、木製のぶた。羽が生えてる。
そいつにガッとグラスをかぶせてみました。
こう、捕獲するみたいな感じでね、ガッ!と。

もっとでっかいもの入れたらいいんじゃないかと思って、
思いついたのがやっぱ手身近にあったアンティークランプ。
ガッ!とかぶせてみた。

wpid-wp-1461457846213.jpeg

よく見えません。なんかこれも全然おしゃれじゃない。

きっと、植物なんかをキレイに飾ると素敵なんだろうけども、わたしんちの植物は全部枯れてしまってる。
水をやらなかったばかりに……

なので最後は、真っ赤なフェルトのテディベアを投入

wpid-wp-1461457856679.jpeg
なんか、インテリアどうのこうのじゃなくてただモノグサに放り込んだだけとなってしまいました。

しかしながら、アイディアでいくらでもおしゃれなインテリアになりそうなので、ぜひ素敵な飾り方をしてみてください
わたしにはできそうにない。

やっぱり飲み物を入れるべし

そして、最後はお気に入りのタピオカ入カフェラテです!
やっぱり飲み物を入れるのが落ち着きます〜!

wpid-wp-1461457861400.jpeg

このドリンク、たぶん250mlほどのものだと思いますが、グラスに移し替えるとこの程度!

グラスの容量の大きさがわかりますね。

そんなわけで、飲み過ぎに注意のグラスとなりそうです///

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)