情報発信の有意性について

今出先なんですけど、
某ファーストフード店でポテトを食しながらゲームをしていたらライフが尽きてしまってやることがなくなった私ことmikoです。

みなさん雨に負けていませんか!
こう寒いのに雪にならず雨ってクソ辛い。
だって自転車なんだもの。
雨って濡れるじゃん、
雪ってあんまし濡れないじゃん。

ああー帰りたくないよう!
と、ファーストフード店でうだうだしてるとこなんですが、
そうだ!ブログ!
そうだ京都へ行こう!
みたいなコピーが頭をよぎったのでワードプレスのスマホアプリをインストールしてみました。

さっそくログイン画面が表示されるものの、ログインができない。

ああ、なんで世界ってこんなに複雑化してしまったのかしら。
私が中学生の頃はこんなことなかった。
まだピッチで20文字のメール打ってたくらいだからな。

しかし同時に世界はコンビニエンスになり、
今はスマホさえ持っていればなんでもグーグル先生が教えてくれる。
こうしてログインが無事出来ているのもグーグル様々なわけだ。

それはグーグルの検索システムの精度が洗練されており、
2語のキーワードでぐぐったくらいでお目当てのページがすぐさま表示されるわけ。
もとい、そういう情報を親切にネット上に上げてくださる方のおかげでもあり。

ここにネット社会の情報発信の倫理がうかがえるわけだ。
有益な情報を人々は欲している。
であるからして、ひとりよがりなブログではなく、
常にユーザーを意識した意味のある情報発信。
それはおもしろさを売りにしたってもちろんいい。

私も読んでくださった人のためになることを書いていきたいなって思う。

自分の得意分野ってなかなか難しく、
ブログを立ち上げるにあたって何を発信し続けられるかを考えたのです。

私は本が好きだ。
しかし、本の虫にはなれず、
読書も今現在滞ってる、
つまるところ似非読書家であって、
履歴書にとりあえず趣味は読書って書くレベルの関心でしかないのがお恥ずかしい。
そんな程度で書評を書きまくるのはおこがましく。

同時に私は服が好き。
買い物大好き。
食費よりはるかに多い金額を毎月服につぎ込むわけだ。
まぁ衝動買いっていっちゃあ衝動買いなんですがね!

そんなわけでファツションブログに至りました。
そのくせ冷え性対策ばっか書いてるなーって思うんだけれども、
おしゃれのためにはいかに人目に触れずに防寒性を保つかだと思ってます。
そうじゃないとファツションの幅が狭まるんじゃないかな。
着たいものを着る。
寒さに負けずに!
そんなところです。

さぁ帰るとするか…鬱。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)
スポンサーリンク