保冷バッグで夏のお弁当をおしゃれに持ち歩く!

ランチバッグ おしゃれ

じめじめと暑くなってまいりましたが、みなさん食べ物には気を付けていますか!

無我夢中でキッチン周りを殺菌しまくっているわたしことmikoです、こんにちは。

節約のため、職場にお弁当を持参している人が多くなっていますよね。

少し前になりますが、お弁当男子、なんて言葉も出たくらい。なんか昔は、手作り弁当持参の男性って、お母さんに作ってもらってる…マザコン…みたいな印象がありましたが、今や男子だって立派に手料理。そして手作り男子弁持って職場へ出勤!そんな光景も当たり前になりました。

もちろん! アラサー女子のみなさんだって、昼休みにランチに出たり、コンビニ弁当を買っていったり、あるいは菓子パンで済ませたり……ってたまにはそんな日もあっていいけれども、毎日それだと食費がかさみます。そして栄養バランスも気になる。

そんな中、ちょっと早起きして、簡単なものでいいから手早くランチボックスに詰め込んで出勤!っていうスタイルが染みついてきました。私がね。食費のため、健康のため、お弁当持参をぜひおすすめしたい

とはいえ、季節柄、お弁当の傷みが気になりますよね。

こう暑くなってくるとやたらと食中毒が気になってくる。食中毒とまではいかずとも、多忙な毎日に休息も十分に取れていないと、体調も崩しやすい、おなかも壊しやすくなると思います。だから、ちょっとした菌にも太刀打ちできない弱った自分の免疫くんを大切に、できるだけ新鮮な食材を……

外気はどんどん暑くなる。気温の上昇とともに菌の繁殖力が…

ひええ。

そんなわけで、このたびおしゃれな、お弁当箱サイズの保冷バッグを購入したのでございます。

保冷バッグ×小さな保冷材で、弁当周辺は冷蔵庫の温度を保っていることでしょう、たぶん!

男性にも女性にもおすすめの、二重の意味でクールな一品を手に入れたのでご紹介。そのほか見つけたおしゃれな保冷バッグも紹介していきます~

※2017.7.20 最新情報へ記事更新いたしました。

スポンサーリンク

おしゃれな紙袋!? ペーパー仕様の保冷バッグ

wp-1466519981190.jpeg

フランスパンを差し込みたくなる、クラフト紙製の保冷ランチバッグです!

くしゃくしゃっと使い込んだような風合いに、英字のプリントがおしゃれ過ぎる。一目ぼれ商品でございました。

同時に、同じデザインのランチボックスも購入してしまいました!葉野菜のサラダを入れるのにちょうど良く、たっぷりお野菜が食べられる。

こちらの保冷バッグ、ただの紙ではないです。表面はただの紙ですけど。中はね……こうなっとります。

wp-1466519958103.jpeg

ちゃーんとアルミで外気を遮断。そんで、こんな風にアルミで二重になっているので、紙自体が破れる心配もない。

どれくらい入るのかって言うと、重箱みたいな弁当箱じゃない限り、たいていの市販の一人用弁当箱なら入るはず。高さがあるので、3段重ねくらいでも入っちゃいそう。アラサー女子で三段重ねしてる猛者はみたことないですがね。最近は、縦長のポットタイプのランチボックスを使っている人も多いと思いますが(スープを入れたりするやつ)、あれもOKなサイズ感。

今回購入したMAX14cm×14cmのランチボックスを入れてみるとこんな感じになります。

wp-1466519953788.jpeg

サイドにはペットボトルがすっぽり入る余裕あり。なんだかんだ、いろいろ詰め込めちゃえる保冷バッグです。

部屋着のままで恐縮ですが、小脇に抱えてみました。

wp-1466519949269.jpeg

このまま持って、公園でランチ~♪なんてのもいいかもしれませんね。彼氏ができたら試してみたいぜ……!

手提げタイプじゃないので、持ち歩きは、小脇に抱えるか大きめのバッグに入れるかになってしまいますが(あるいはサブバッグへ)、おしゃれ感を求める人にはぜひおすすめしたい一品。

プリントのデザインはいろいろあります。

とにかくランチタイムが楽しくなりました◎

ちなみにわたしはサラダを盛りだくさん入れるために購入したランチボックスは、サンドイッチやおにぎりの詰め込みに最適なのです。ふた部分が盛り上がってるから、箱からはみ出る高さのものも潰さないで入れられます。サラダ盛り過ぎちゃった!なんて時も大丈夫、蓋で潰すことはない。

大人女子へおすすめしたい、保冷ランチバッグ

そのほか探してみました~!働くアラサー女性におすすめしたいランチバッグ、いってみましょう。
デザイン重視でのご紹介です。

ゆるくかわいい、ナチュラルデザイン

優しい雰囲気のするミニトート型保冷バッグ。
一見、「お弁当バッグ」に見えないところも素敵ですね。
お色も柔らかい感じで、プリントされている動物もパグやヒツジ、ネコ、クマ……と大人っぽくもかわいらしい絵柄です。
お子さんに持たせても良い感じ◎
ペットボトルも寝かせて入るそうなので、女性のランチには十分なサイズだと思います。

そしてこちらもかわいい!

ちょっと不愛想なシロクマさんが、多忙な毎日のほっと一息ランチタイムにはぴったり。
キャラものはちょっと……と敬遠しがちな方にも受け入れられるお顔のクマさんですね。
ゆるいしシンプルなんだけど、このぱっと目を引く感じがわたしは大好きなので、紹介させていただきました◎

シンプルに、ビビットに

飾らないシンプルスタイルですが、ビビットなカラーはぱっと目を引きますよね。
ファスナー部分でバイカラーになっているのがおしゃれさのポイント。
機能についての保冷テスト結果が乗っていました。35℃の環境下のテストで、こちらの保冷バッグを使っている時と使っていないときの温度変化の差が出ています。保冷してない時の温度が怖すぎました。

デリカタス

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

デリカタス ランチポーチ
価格:1944円(税込、送料別) (2017/7/20時点)

この「デリカタス」って、ラテン語で「素敵な、おいしい」って意味なんだそうな。
この記事を更新する前には、デリカタスのアルミポーチを紹介していたこともあり、機能性とシンプルさが売りのブランドだなぁっていう印象が個人的にあります。
こちらも、見ての通りシンプル。飾りっ気がない。そこが大人女子におすすめしたいと思ってる。
スリム設計で、保温保冷がありながら軽量、そしてふんわりな素材だそうです。とってもすっきりとしたデザインが◎ ですが、こちらはサブバッグの様に持ち歩くというよりもバッグにINして使うタイプだと思うので、そこも生活スタイルに合わせて選ばなければならないですね。

余計なものはいらない! って人におすすめ。

男前なカフェ風

男前なテイストが、インテリアでも流行っていますよね。
ただ、男前!というほど力強いカラーではなく、どちらかというと色合いは柔らかですね◎
おしゃれなカフェを連想させます。
英字のロゴ好きの方に喜んで使ってもらえるデザインではないでしょうか。英字が手書き風なのも女性らしいポイント。

綿100%で、しっかりと頑丈なお作りのようです。
ショートタイプとロングタイプがあるそうなので、ご購入の際にはしっかりとサイズ確認してくださいね。

パン、メインディッシュ、サラダ、フルーツ、スープ、ドリンク……って、もはやそれ家で食べなよってくらいたくさんの容器を持ち歩く人も、ロングタイプの頑丈なランチバッグがあれば安心です。

北欧風

「北欧」と名がつくものに目がないわたしですが……ランチバッグも北欧柄(北欧風も含む)をチョイスしてみます。

北欧風の柄がおしゃれなランチバッグです。
(あくまで、風、です)
こちらは簡易タイプの保冷バッグだそうなので、機能性は求められないと思います。保冷剤必須、長時間新鮮なものを入れておくのは避けたいですね。

350ml缶がすっぽり6本入るのだそうです。お花見時期のビール、アウトドアでの缶ジュースなど持ち歩くのに便利そうです◎
もちろん、ランチバッグとしても。

こちらは、なかなか見ない変わった形のランチポーチ
北欧風の柄にマッチした形状が、なんともおしゃれな感じです。

こちらのランチポーチは、使わない時はコンパクトに折りたためるそう。これって、わたしはかなりポイント高いです!
仕事でも、できるだけ荷物を減らしたいなって思う時がある。「今日は飲み会あるから手持ち少ないほうがいいな」って時がある。そういう時、ランチバッグを別に持ち歩くのはすごくイヤなんですよね。そんな時にコレ使えるなあって思いました!
もちろんそんな時は、ボックスタイプのお弁当じゃなくて、ラップとかアルミホイルとかに包めるタイプの昼食にし、この保冷機能のあるポーチに入れれば食後は持ち物減りますよね◎
でも持ち歩く時には持ち手があるから便利っていう。いいなぁ。個人的にねらい目です。

そして…

きました、リサラーソン。
リサラーソンのテキスタイル好きです。
こちらは、保冷用のアルミバッグが内袋という形になっています。なので、保冷したいものは内袋へ入れてバッグへIN、保冷の内袋を使わなければ、ちょっと物持ちの時のサブバッグとしても使えますね◎
ランチバッグというと、ミニトート型が多いのですけど、こちらはスクエア型なのでおしゃれ感が出ます。
(個人的に、ミニトートは「お弁当入ってます!」という感じであまり好きではなく…)
目つきの悪いネコ、マイキーがわたしはすごい好きなのですが、どれもかわいいデザインですね。ぜひ、バッグの裏面もチェックしてみてください。

そしてそして、北欧と言えば。

ムーミン!
ムーミン好き、特にミー好きのOLさん一時期多かったなぁ。

これはアラサーOLにけっこう好まれるデザインなのではないでしょうかね!わたしはムーミンをほとんど見たことがないのですが、このいじわるな顔をしたミーが大好きですよ。ムーミンファンではないのに、ミーがプリントされたグッズなどを持っています。
ミーって、毒々しさの中に真実を込めるような、そんな名言が多いのですよね。女子の憧れ、ミーのランチバッグ片手に、毒を吐いてみてはいかがでしょうか。

北欧と言えば、不動の人気マリメッコがありますが、マリメッコ生地を使ったランチバッグがあるにはありましたが個人的にはおすすめしたいと思えるものではなかったので、残念ながら今回はノーマリメッコで……

大人の魅力、クラッチタイプ

これは……おしゃれかっこええ。

くるくるっと巻いてボタンで留めるクラッチタイプのランチバッグです。
革のバンドがまた大人っぽい。フェミニンなデザインをクールにまとう、そんな雰囲気です。

ただ、中身はどれくらい入るかなー。ペットボトルは入らないかなー。小食さん向けかもしれない。あれこれスープだデザートだと欲張る女子には向かない気がします!
食もスタイリッシュに!なんてこだわりのある方向けのサイズ感かもしれません。

わたしは、このブルーノのタンブラー型水筒を持っているのですが、とにかくスタイリッシュなブランドだなっていう印象で◎

保冷剤にも凝ってみる

最後の最後におまけです。

みなさん保冷剤は何を使っていますか? 要冷蔵の食べ物を買ったときについてくる、あのメーカー名や商品名の入った保冷剤でしょうか!

そういう再利用の心、大事ですよね。

しかし、かわいい保冷剤を見てしまったら、やっぱりほしくなってしまう。保冷剤すらおしゃれに!とか思ってしまう。

こちらはムーミンキャラの保冷剤。とってもかわいいのです。

わたしはというと、上記で紹介した保冷バッグとランチボックスを買った際に、ショップからおまけでいただいたフルーツ型の保冷剤を使わせていただいております。

お弁当をバッグにつめ、最後にその保冷剤をぽんっと入れると、「やった、どこにも手抜きはない!」ってテンションが上がるのですね。

特に誰に見せるわけでもないんですけど、ほら、誰も見ていないけど良い行いをする、みたいな感じで、誰も見ていないところにも気を使える人間でありたい……とは言ってみただけであり、すべては自分のテンション上げるためですね。

ちょっと早起きして、お弁当を作って、素敵なランチボックスを素敵なランチバッグ、そんでかわいい保冷剤! これで少なくとも昼飯時まではお仕事がんばれちゃうわけです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

関連記事(広告含む)